そんなnewsは犬も喰わない

犬も喰わないnewsの数々に斜め横からアレコレ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

犬藁て誰やねん! 

(→関連記事
そろそろツッコまないと逆に失礼かもしれないので...犬藁て誰やねん!

先々週末からズーっと続けてしまっている(しかも内田先生は参加してない:笑)「内田式論法ネタ」なんですけど、「後始末(2)」の前にover40氏の「内田樹の読み方2」について出来るだけ簡単にリアクションしておきます。

スポンサーサイト
[ 2005/09/30 06:32 ] ウェブログ・ココログ関連 | TB(0) | コメント(-)

内田式論法ネタの後始末(1) 

(→関連記事
先々週末あたりからの著名ブロガー内田樹先生ネタについて色々後始末しておきますね。簡単な流れはこんな感じです。

内田樹先生が「哀愁のポスト・フェミニズム」という記事を書く

私が「内田樹センセはもう終わった」という記事を書く。内田式論法の特徴は

★特に内容はない(どんな場合にでも言える=何も言ってない)
★具体的な議論や検証が不可能

であるように見えるけど、なんでファンはこういうのがサイコーだというのだろう?と問いかけてみた。

hirokira1氏とover40氏からTB。「『何も語っていないように見える』論理展開こそが『内容』そのものであって、具体的な事実検証などは枝葉末節に過ぎない」とか「内田先生の言説そのものに深く納得するというよりは、内田先生の思考の流れを自分の興味領域に当てはめると面白い考え方が導き出されることがよくある」というようなお答えをいただく。

私が「内田式論法」という記事を書く。「論理展開」が凄いといっても「権威性を笠に着るだけの言動と、その本質とを混同するな」=「タイコモチって嫌だよね」という論理展開なんて「(H)非常に(A)アリキタリで(T)通俗的で(I)イワズモガナ(以下HATI)」じゃないですか?どこが面白いのですか?と聞き返す。

over40氏:HATIだったのか!がーん。
hirokira1氏:HATIというかHATなのが良いのだからIとかいうな。

26日月曜日に実は「コメント受付」にもリアクションをいただいていたことに気づく(←!)

あああ...(涙)。ほんと、マジですみません。コメントくださっていた方々。普段通りだとこんなミスはしないのですが、ちょっと色々事情がありまして、気づくのが遅れてしまいました。もうしわけありません。意図的に無視したわけではないのです。ごめんなさい。

というわけでこのシリーズ(?)の(2)以降でコメントをくださった方々にも言及していきますが、とりあえず今回は2回目のTBをくさだったお二方を中心に語ってみます。

[ 2005/09/29 10:21 ] ウェブログ・ココログ関連 | TB(2) | コメント(-)

鉄が生まれた場所 

橋野高炉跡っていうところがあります。なんでか知らんけど英語版パンフしか置いてない。

There are three blast furnace relics in this site. One of them was constructed as a temporary furnace in 1858, was repaired and named "Sanban Koro" (the third blast furnace) by Takato Oshima in 1858. Then Naka Tagusari and Genji Tagusari, the mining engineers in Hashino, cinstructed "Ichiban Koro" (the first blast furnace) and "Niban Koro" (the second blast furnace) by 1861.

ええと...最初に作られたのが「三番高炉」だと言ってます。作られたのが1858年。その後1861年に「一番高炉」と「二番高炉」が作られたと。「was repaired and named」ってところが実はアレなんですけどね。ちゃんと説明しないとわかんないんじゃないですかね。なんで最初に作ったのが三番なんだ?とか普通思いますわな。

うーんと、日本初の洋式高炉による鉄鉱石からの出銑の成功はこの三番高炉によるものらしいのですけど、その時点ではこれは実験炉というかナンバー無し炉だったようなんですよ。現地にある説明用立て看板には書いてありましたけどね、日本語で。(←イヤイヤ!"as a temporary furnace in 1858"って書いてあるやん!temporary furnaceで実験炉って意味だろ!←うるせーばか!←自己ツッコミうぜぇ!)

そんでその後、実験が成功したっちゅーことで本格稼働用の一番と二番が作られたと。その更に後で実験炉も本格稼働できるように改造されて三番になったっちゅーことみたいですわ。あとこの三番は最初の高炉でもあるし、近代製鉄史第一期最後の高炉でもあるみたいです。こことか見ると。


[ 2005/09/24 11:23 ] 旅行・地域 | TB(0) | コメント(-)

快楽の園の怪物グッズ 

最初「聖アントニウスの誘惑」に出ている怪物だと思い込んでた。確か右下にいたと思ったんだがー...と探したけどいない。

そんで適当にググってたら、どうも同じ人、ヒエロニムス・ボスの「快楽の園」の右下に出ていた怪物らしいとわかった。でもちっちゃくしか描かれていないんですけどね。


[ 2005/09/23 09:28 ] 文化・芸術 | TB(0) | コメント(-)

内田式論法 

(→関連記事
一つ前の記事で「人気ブロガー内田先生の面白さを教えてくださいファンの方々!」と呼びかけたらお二方からリアクションを頂けました。ありがとうございます。

ただ...やっぱりわからん(←!)。全然わかんないです。

hirokira1さんの記事にover40さんの記事内容も言及されているので、前者の記事からちょっと引用してみますね。

「何も語っていないように見える」論理展開こそが「内容」そのものであって、具体的な事実検証などは枝葉末節に過ぎない、というところだろうか。内田先生を面白がっている人たちは、その論理展開という骨組みに、それぞれの「自分の興味領域」(@Over 40)を肉付けして読んでいる。逆に言えば、この「骨組み」と「肉付け」の間のメずれモこそが内田先生の面白さであり、本質なのだろうと思う。

一般論として「論理展開こそが『内容』」という文章の面白さ、は私も理解できます。そうした骨組みを用いて自分の関心領域を読み解くという面白さも同様に理解できます。

ただ、敢えて言葉を選ばずに強い言い方をすれば、内田先生が提供している「骨組み」は非常にアリキタリで通俗的でイワズモガナだ...と私には見えます。

今回の「権威性を笠に着るだけの言動と、その本質とを混同するな」という「骨組み」はもっと単純に言えば「タイコモチって嫌だよね」と言っているだけですよね。どんな場にもタイコモチとかコバンザメとか寄生虫とか教条主義者的な人物はいるでしょうし、そういう人々は嫌われるでしょうから、こういう話はどんな人にとっても(←場合によっては他者からはタイコモチだと思われているような人々にさえも)「あ~、そういうのアルアル!」ってことになります。でもそれだけじゃないですか。そんなこと今更もったいぶって語られてもなあ...と思ってしまいます。
[ 2005/09/22 11:00 ] ウェブログ・ココログ関連 | TB(2) | コメント(-)

内田樹センセはもう終わった 

(→関連記事
戦略的に書いてみました。もちろん「内在的批判」ではありません(笑)。

ええと、何の話かといいますと「哀愁のポスト・フェミニズム」という人気著名ブロガー内田樹先生の記事なんですけどね。

語っている内容が不思議すぎる。と、いうか何も語っていないように見える。でもモロビトコゾリテ褒めそやすんだよな、内田センセが書いたものは。ブログ界隈なんかだと特に。

なので聞いてみたい!内田センセファンの方!是非とも「こういう風に読むと凄さがわかるナリ!」ってのを教えてください!お願いします!煽りじゃありません!マジです!

そんで以下に私がなんで不思議に思うのか説明してみますね。
[ 2005/09/17 09:00 ] ウェブログ・ココログ関連 | TB(3) | コメント(-)

そういえば民営化して良くなったかなあ? 

今更ですけど。

電電公社→NTT
国鉄→JR

とかありましたけどね。っつーのはですね、まあNTTグループについてはとりあえず置いておきますよ、今回は。私が激怒してる(←!)のはJRですよ。バカですか、ヤツラは。

っつーか、何?ダメだと言われてる航空会社と比べたって何コレ?

このサイバーステーションとかいうヤツ。変態じゃないの?ネット上なのに営業時間は6:30-22:30とか言ってるし。おまけに空席状況しかわかんねーじゃんか?

ふざけんな!こちとら鉄分少ねーんだよ(←翻訳:私は鉄道オタクではありませんので細々したことはよくわからないのです、助けてください)!みんながみんな駅スパートとか使ってると思ってんじゃねーよ!泣かすぞゴルァ!

あとさー、何コレ?JR北海道のゴチャゴチャページ。変態じゃないの?「道内の...」とか限定してんじゃねーよ!道民は道内で長距離だったらクルマでぶっとばしていくべ!意味ねーんだっつーの!(←俺様にとっては!)

くそっ...ビンボーが憎い。ビンボーじゃなければJRなんて使わないで大好きなヒコーキ使うのに...しくしく(←おまw w 勝手すぎ w w w)
[ 2005/09/14 07:47 ] 経済・政治・国際 | TB(0) | コメント(-)

京都4区の結果 

選挙前には朝日新聞(←リアル紙版)とかに京都4区は広島6区や岐阜1区より注目だ、って書かれていたような。でも今午前2時ちょっと前なんですけど、ネットではこれについての記事とかスレとか書き込みは全然見かけない気がする。なんでだろ。

アサヒコムでも(今これを書いている時点での)総選挙関連記事一覧は以下のような感じなので、なんつーのか触れてませんよね。

# 首相続投「郵政成立」確実、民主・岡田氏は代表辞任表明(09/12)
# 自民圧勝、与党で320議席を確保(09/12)
# 元建設相の中村喜四郎氏、復帰果たす 茨城7区(09/12)
# 鈴木宗男氏、再び国政へ 比例北海道ブロック(09/12)
# 鳩山邦夫氏、選挙区つかむ 福岡6区(09/12)
# 亀井静香氏、堀江氏抑える 広島6区(09/12)
# 都知事の三男、石原宏高氏が再挑戦で当選 東京3区(09/12)
# ミカン箱乗り、西川京子が笑顔 福岡10区(09/12)
# 野田聖子氏が接戦制す 佐藤ゆかり氏復活当選 岐阜1区(09/12)
# 民主前代表の菅直人氏が当選 東京18区(09/12)
# 国民新党、綿貫民輔氏が当選 富山3区(09/11)
# 公明の太田昭宏氏当選、八代英太氏及ばず 東京12区(09/11)
# 投票率、午後7時30分現在55.65% 前回上回る(09/11)
# 山崎拓氏が当選確実 福岡2区(09/11)
# 郵政民営化反対の平沼赳夫氏が当選確実 岡山3区(09/11)
# 小池百合子氏が当選確実 東京10区(09/11)
# 総選挙の選挙違反、買収など150件摘発へ 警察庁(09/11)

うーん、こんな感じですから無いですね、やっぱし。ちなみに京都4区の結果は以下の通り。

中川 泰宏 75,192 自民 新(当) 
田中 英夫 75,036 無所 前 
北神 圭朗 73,550 民主 新(比当) 
成宮 真理子 35,705 共産 新

当選しなかった田中英夫氏は野中広務氏の後継者じゃなかったでしたっけ?当選した中川泰宏氏も、もともとは野中氏の関係者らしいですけど。(ここの「野中広務」をみると「2003年10月の衆議院解散に伴い、田中英夫元亀岡市長・京都府議を後継指名し地盤を引き継がせ引退」ってありますね)

しかし156票差か...。こういう僅差の選挙区って他にも結構あるんですかね。無いのなら僅差ってことだけでもニュースバリューはありそうなんだけど。

[ 2005/09/12 02:03 ] 経済・政治・国際 | TB(0) | コメント(-)

避モテと承認問題 

id:kowagariあたりでずーっとなんかやってます。簡単にいうと「避モテ男(id:iduru)」と「非モテ男(id:kowagari)」との間の議論(?)のようなもの。実際にはid:kowagari氏が一方的に捲し立てている(説教?)だけで全く議論は噛み合ってないようですけど。

ただ、せっかくid:iduru氏の記事に「承認」ってコトバまで出て来たので議論が(学術的な場で論議されているようなテーマに繋がって行くという意味で)生産的な方向に向かうのかな?と期待したのですけど、なんだか妙な方向に捩じれていっているようです。残念。
[ 2005/09/11 19:00 ] ウェブログ・ココログ関連 | TB(0) | コメント(-)

新党大地(略称:大地)について 

nomatako

(画像は記事内容とは関係ありません:笑)
ええと、明日は選挙なわけですよ。どうなるんですかね。まあ、どうにかなるんでしょうけど。

私は道民なんで選挙公報に「新党大地(略称:大地)」も載ってるわけですよ。ちなみに「略称:大地」はホントにそうなわけです。いつもは私が勝手に略称を決めてるわけですけど。

[ 2005/09/10 22:28 ] 経済・政治・国際 | TB(0) | コメント(-)

テニプリ差し止め、テツコの声、落合雪恵 

嘘を嘘と(ryというのは有名。でもやっぱり釣られちゃう人がいる。というのも「釣られるかよ!」と思ったらホントだったりすることもあるからだね。判断が難しい。

で、映画版「テニスの王子様」に対して「テニス」の呼称を全日本テニス振興会(←!)が差し止め申請したというニュース。

来春公開の映画「テニスの王子様THE☆MOVIE(仮称)」について、全日本テニス振興会は21日、「テニスの呼称を使うことは、テニスプレイヤー、ならびにテニスをプレイしない人にとって誤解を招く怖れがある」として、テニスの呼称差し止め処分を東京地裁に申し立てた。(略)
漫画原作映画の呼称については、6月29日に「魁!クロマティ高校」でクロマティ氏の差し止め申請があったばかり。漫画、映画関係者はこれらの問題に頭を悩ませている。

テニスのプレイとしては有り得ない技とか使っているのでダメという論旨。ただねえ、「テニヌという呼称を使え」とか言う訳ないじゃんか!と思う。しかも記事はこんなところにあるし。一見リンク先に見えるところはリンクしてないし。完全にネタなわけですよ。

ところが釣られちゃってるんだよなー。

[ 2005/09/09 07:26 ] アニメ・コミック | TB(1) | コメント(-)

眞鍋かをり出版記念握手会にオヨバレしたブロガーにココログの人が少ない件について 

イヤ、事情とか全然知らないんですけどね。なんかね。ココログってココログ使っている人へのサービスというか気配りというか配慮というか、そういうの全然ないよね。

なんかココセレブ(ココログでブログ書いている有名人...?)の代表的存在である眞鍋かをりのブログ本が出たとかで催しがあったらしい。で、その場に多数のブロガーを招いて記者会見っつーか質疑応答とかあって、そんでブロガーの方々がブログに記事書いて...というのがあったらしい。眞鍋さん御本人のエントリはこんな感じ

そんで、このブロガーの方々の大部分はココログの人じゃないんですよ。別にいーんですけどね。でもやっぱり竹熊さんとかR30さんとかfinalventさんとかに参加して欲しいじゃないですか!!(←オレだけか?そんな風に思っているのは?)眞鍋さんはココログの人じゃないんですかっ!!それなのに・・・とスネたい。

参加ブロガーの内訳はこんな感じらしい。

[ 2005/09/05 02:09 ] ウェブログ・ココログ関連 | TB(0) | コメント(-)

ユニクロ水着、キラコンド、カトリーナ 

適当に話題を繋げてみるか...。

まずはユニクロの水着の話。日経の記事によるとこんな感じみたい。

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2日、2004年4ム8月に販売した男児用水泳パンツ「ボーイズ・パネル・スイムショーツ」に不具合があり、回収すると発表した。内側のサポーターの網目が下腹部の皮膚の一部を挟み、傷つける恐れがあるという。店舗に商品を持ち込むか、山口市の本社に商品を送付すれば代金の払い戻しを受けられる。

なんか去年販売したものの話みたいだね。そんで今年は販売していないらしい。男児用水泳パンツというものは。

で、去年の日経産業新聞では「ヒットの予感」とか言ってこんな記事を出してたみたい。

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは今年初めて、家族向け水着シリーズを全国展開する。夏向けの季節商品としては昨年の浴衣に次ぐ第2弾。海水浴などレジャー用水着だけでなく最近増えているスポーツクラブ向けなどもきめ細かくラインアップし、今後の商品の柱に育てていく。

とかいって「ヒットが予想される理由」というのを「価格の安さ」「デザイン」「スポーツクラブやジム向けの商品も用意した」と3つあげてますね。なんかよくわからん書き方してて論旨が明確じゃないようにも見えますけど。「日経産業消費研究所、中井豊研究員」という方の文章らしいですな。「今回はファミリー向けを主眼としている」とかも書いてますけど、なんかそういう個々の内容が全体としてどうヒットに結びつくと予想しているのかよくわからん。

ヒットはしたんですかね?ええと、男性用ユニクロ水着はこんなのみたいです。500円!やっすーっ☆

でも幼児の男性器を損傷するんじゃ困りものだわな。というか子ども向けの水着自体をやめてしまったのかな。ここをみると項目に「水着」は無いですね。ファミリー路線そのものをやめたのか。っつーか女性用もここみると三種類しかないの?水着そのものから撤退してるのか?

良品計画では2004年版だけどこんなラインナップらしい。うーむ。

簡単に言うとあんまり上手くいかなかったってことかな?

[ 2005/09/03 23:36 ] 経済・政治・国際 | TB(1) | コメント(-)

銀河ヒッチハイクガイドについて思い出話 

・・・を書く予定(←またコレかっ!)。

映画「銀河ヒッチハイクガイド」が9月10日からロードショー公開だとか。公式ページはこちら(←音が鳴ります!注意!)。

ええと、今絶版なのかもしれませんけど小説版「銀河ヒッチハイクガイド」シリーズのファンでした(告白!)。人に勧めて受け入れられたことはありませんが。なのでちょっとワクテカ。

とはいえ、忘れてましたわ。鬱病ロボットのマーヴィンとか。まあ、彼は良く忘れられてましたけど。作品内でも。っつーか彼は鬱病というよりは自虐ロボットなんですけどね。で、どんな強敵(?)でも自分の人生観を語ることで倒してしまう、まあある意味宇宙最強のロボットだったりしますけど。懐かしいなあ(笑)。

変なネタは山盛りだったからなあ。不可能性ドライブとか。レストラン型コンピュータとかもあったような。で、そのあたりの(やや)詳しい話なんかを、以下に書いて行く予定なんですけど、ちょっと準備が...。

(以下9月5日に追記)
[ 2005/09/02 23:22 ] 映画・テレビ | TB(0) | コメント(-)

「のだめカンタービレ」って学研まんがひみつシリーズっぽくね? 

適当に今思ったんですけどね。

佐々木倫子マンガ(「動物のお医者さん」=「獣医学部のひみつ」とか「おたんこナース」=「看護婦(士?)のひみつ」とか「Heaven?」=「フランス料理のひみつ」みたいな)も同じ感じで学研まんがひみつシリーズっぽい気がする。学習マンガっていうか。

なんでしょうかね、マンガを読んだ後その対象としてる分野についての知識がついて、あともっと知りたいという気持ちにさせられるところとかがそんな感じ。


[ 2005/09/01 23:44 ] アニメ・コミック | TB(0) | コメント(-)
プロフィール

犬桑主監

Author:犬桑主監
正式略称は「犬桑news」です。
気軽に呼んでください。

ブログ検索
総合案内

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。