そんなnewsは犬も喰わない

犬も喰わないnewsの数々に斜め横からアレコレ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

駒大苫小牧(通称:コマトマ)事件 

・・・について書く予定(←こればっかだなっ!)。

・・・と書いてからずっと放置。そのうち月まで変わってしまいました。ダメすぎる。9月1日になってしまいましたが、一応このネタでなんか書いておきますね(←まじでダメだな!)。

ええと、最初に書き始めた時点では事件はこんな感じだったんですね。

57年ぶりに夏の高校野球連覇を達成した駒大苫小牧高校(北海道苫小牧市)の野球部長(27)による部員への暴力問題で、部長が篠原勝昌校長と香田誉士史監督(34)とともに札幌市内で26日、部員親子にあらためて謝罪、和解した。

で、そのあと結局高野連からはほとんどオトガメ無しみたいな結論が出たんですよね。なんとか委員会から(←「なんとか」て!)。

うーんと、なんか当初「優勝旗返還だろ!」みたいな意見がネットでも多く見られて私なんかは「へ?」という感じでしたので、まあ、こういう結果になっても別に驚かないというか、寧ろ「そんなもんじゃね?」ってものでした。

まあ、なんにせよ、事件としてはほとんど幕も引かれた感じなので、っていうか、旬を逃し過ぎっていうか、そういう感じなので、なんでしょうね、事件そのものっていうよりも、「優勝旗返還だろ!」とかいう意見になんで私が違和感を覚えたのか、とかそんなあたりでもグダグダ語ってみますか。

スポンサーサイト
[ 2005/08/27 23:03 ] スポーツ | TB(0) | コメント(-)

「すばる」9月号が実はネット文学特集な件について 

なんか認知されてない気がする(笑)。こんな感じなので、まあしかたない気もするけど。

青山南、栩木玲子による対談「ウェブの十年、そしてこれから」。

というのがメイン記事らしい。上でリンクした「すばる文学カフェ」の要約というか概説は必要にして十分というか、内容覚え書きとして秀逸かな。ただ、こんな内容だから読みたい!と思う層はネットとあんまり関係ない層かもしれん。新奇なことは何もなかったし。

さらには、ネットと映画、ネットの中で生まれた日本語、スティーブン・キングとネット、バーチャル・ブック・ツアー、日米の大学でのサイト状況などについて触れ、「ネットの原点はタダ、貧者のツールであるべし」と結ぶ。

ええと、「ネットの中で生まれた日本語」っていうのはなんか2ちゃんねる語みたいなものを指して言ってたと思う。漢字変換ミスとか誤用とかがもとになったとかなんとか。で、そういった「ネットで生まれた日本語」の起源については「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書」を参照したらしい。「変な本」とか言って言及してた。

私史として編纂されたものがなんとなく正史として受容されていく危うさみたいなものを感じなくはないけど、まあ「対談」という形式で語られるものはイイカゲンなところが良いわけだし(←誤解だ!←うるせーばか!)。

ただその他の執筆陣はどうですかね。他の媒体だといつも同じような顔ぶれになる気もするからこれはこれで面白いのかもしれないけど。「小谷真理、中沢明子、長嶋有、仲俣暁生、新元良一、野谷文昭、藤田理麻、モブ・ノリオ、若合春侑」というメンツですね。小谷真理て...。


[ 2005/08/24 23:06 ] 書籍・雑誌 | TB(0) | コメント(-)

SBRの5巻が出た! 

よかったー。ちゃんと面白くなってた。一時はどうなることかと思ったけど。

4088738454


スティール・ボール・ランの5巻」買って来てさっき読んだんですよ。なんとか軌道修正できたっぽい。ふう。

とはいえ、まだまだ油断はできん。間隔があいてる連載は立て直しが利きやすい(←シロウト考えですけど、実際はどうなんですかね)反面、立て直しというか仕切り直ししすぎて逆にグチャグチャになる例もあるしなあ。

もう目一杯要素がつまってきてるので、そろそろ刈り込みながら行って欲しい気がするなあ。ま、とりあえずそんな感じ。

ところで今もっとも気になるのが「シュトロハイムの出番は今後もあるかどうか?」なんですけど、期待して良いですよね?だめ?どうなんだろう(笑)。



[ 2005/08/23 23:27 ] アニメ・コミック | TB(0) | コメント(-)

RSSについて空想してみる(3) 

(3日後に追記:ええと、全面的に書き換える予定でしたが、予定は未定にして決定にあらず。なんか色々時間がかかりそうなので基本的にはそのままにして放置します。このネタで第四回目をやるときにXMLモジュールの組み込みやった感想とかRSSで使われるXMLなんかについてのアレコレなんかを書いてみます。現時点ではXMLモジュールは遅いというかトロいらしいのですけど、OSXではどうなんでしょうね)

RSSについて空想してみるシリーズの三回目。RSSというより今回はXMLの話なのだけど。

あ、でも全然準備が整ってないので書くネタが無い...。

とはいえ、それだけでもあんまりなんで、何か有益かもしれない情報でも書いておきますか・・・。そうそう、RSSがなんだかわかんねーとか言ってて自分の本棚みたら「Perl and XML」とかを発見。うはw w w 3年前に買ってたw w w うえっうえw w w 。

RSS (short for Rich Site Summary or Really Simple Syndication, depending upon whom you ask) is one of the first XML applications whose use became rapidly popular on a global scale, thanks to the Web. While RSS itself is little more than an agreed-upon way to summarize web page content, it gives the administrators of news sites, web logs, and any other frequently updated web site a standard and sweat-free way of telling the world what's new.(p.160)

とかとか普通に「Introduction to RSS」とか言って説明してくれちゃってるよっ!3年前に買ってあった本だよ!そんで今知ったんだけどさ!Perl用XMLモジュールとかあるんだねっ!びっくりだよっ!フザケンナよオレ!買った本は読めよオレ!

あーあとさーBNC(←ブリティッシュナショナルコーパス。XML部分だけでA4に印刷すると一つのファイルあたり数ページ分にも及ぶ...ヘッダなのに!!)とかでもさーOED(←オックスフォードイングリッシュディクショナリー...ってなんでカタカナで書いてるんだよ!)とかでもさーメタ情報用にXML使いまくりじゃんかさーあーうーあー。やばっw w w 。

あ、そんでこの本発見したときに同時に「Perl and LWP」っていうのも見つけたんだけどLWPって何だ?うはw w w うえっうえw w wおkw w w・・・ じゃねーよ!フザケンナマジで!自分!(←といってもこれはいわゆる自分のことであって関西地方の方言にあるように二人称ではない←うるせーばか)
[ 2005/08/20 22:10 ] ウェブログ・ココログ関連 | TB(1) | コメント(-)

篠原一盗作事件のあれこれ 

・・・について書く予定。・・・で、今3日後にコレ書いてるのですけど(←サイアクだな!)、ヤバイっす。なんというか・・・

メチャクチャ つ ま ら な い

・・・事件っぽいです。色々漁ってもみても、なんというか「毎日新聞の記事通りです。オシマイ」な感じ。膨らまないったらないですよ。

最初見かけたときは何かありそう!とか思ったんですけどね。夫の町口哲生氏とかね。まあ、でもなんというかこの人もフツーにステレオタイプなアレみたいだし。盗作された相手も別になんというかステレオタイプなアレだし。ま、篠原一氏本人がまた典型的なアレだし。意外性ゼロですな。

とりあえず色々情報をメモっておきますか。思わせぶりにしたのにもうしわけない。まさかこんなにツマラン事件だとは思わんかったですわ。ま、もしかしたら今後何か展開もあるのかもしれませんけどね。


[ 2005/08/19 23:07 ] 書籍・雑誌 | TB(0) | コメント(-)

バカボムの行方 

一日遅れで微妙な終戦ネタ。かなり妄想含みですけど。

ええと、バカボムというものがあります。英語でBAKA BOMB。元祖天才バカボンのバカボンと発音が似てますけど、公式にはバカボンはバガボンドが由来らしいので、まあ、アレです。

昔はこの言葉は辞書にも載ってたらしく『日本語からみた英語』長谷川潔(1976、サイマル出版会)で筆者が「なんでこんな言葉が?」みたいな感想を書いていたような記憶も薄らあります。

そんで、米軍が日本の特攻ロケット機「桜花」のことを指してこう呼んでたらしいですが、今ネットでググってもほとんど引っかかっては来ない模様。時折ハンドルに使っている不心得者がいる程度ですかね。言葉としてはほとんど消滅しているのかな、という感じ。911のときとかにカミカゼと言ってたのはよく聞きましたけど、バカボムは聞いた覚えがありません。

で、このバカボム呼ばわりされてた「桜花」なんですけど、この後継者(?)についてちょっと思うところなどがあるので、書いてみます。
[ 2005/08/16 23:53 ] 経済・政治・国際 | TB(0) | コメント(-)

英単語と漢字の類似点 

私は英語が出来ない。驚くほど出来ない。

これは昔からそうなのだけど、もうそろそろ(とっくに?)誤摩化しがきかなくなってきてます。そんで文法はともかく、とにかく単語が覚えられん。覚える努力もしてない気がするけど。

で、なんとかならんか?(←努力はしない方向で)とか考えてて、ある仮説を思いついたのですよ。英単語と漢字の情報構造(?)は似ているのではないか?みたいなヤツなんですけどね。

なんつーのか、漢字って未知の漢字に対しても意味の類推が可能だったりするじゃないですか。それは未知の文字であっても、既知のパーツを既知の法則にしたがって組み合わせて出来ている文字だったりするからなわけですよ。具体例を出さずに書いてますけど。

まあ、そんなわけで英単語も同じように考えれば未知の単語の類推が可能だったりするんじゃないかなあ、とか。そんで覚えるのも思い出すのも楽になるんじゃないかなーとか、思ったわけですよ。

なんでしょうね「1次元的構造=バーコード=英単語」「2次元的構造=QRコード=漢字」みたいなイメージ。ま、いずれにせよ

うはw w w オレすげーw w独創的w w w うえっうえw w w

・・・とか思ってたんですけど、もうすでにこの説を唱えている人はいたようです(萎)。そして本も出版されている。「語根中心英単語辞典」というものなんですけど。


[ 2005/08/13 23:44 ] 学問・資格 | TB(0) | コメント(-)

攻殻機動隊SAC最終話の引用モトネタ? 

特に世間の趨勢とは関係ないけど。ヴィリリオの邦訳読んでたらちょっと気になった。

ええと、攻殻機動隊S.A.C.は超名作。で、タチコマちゃんネタ的にはラス前で大感動&大傑作なわけですけど、全話のまとめというかオチとしての最終話もかなりキテる。超素敵。それに比べると2ndGIGやイノセンスは激萎。レベル的にヒトとサルくらい違う。(でも2ndGIGやイノセンスは映画「APPLESEED」と比べるとサルとシーモンキーくらい違う)

で、その素敵な最終話の後半で通称「笑い男」と少佐が対談するわけですが、その内容について課長は「外部記憶装置の助けがないとついていけない会話だ」とか言うわけですよ。そんで最初見たときに私もちょっとそんな風に思ったり。

「笑い男」が色々なヒトの言葉を引用して、少佐がそれを当てて行く会話なんですけど、引用は以下の人物たちの著作や発言からなんですよ。

ドワノ
J.D. サリンジャー
ジガ・ベルトフ
フレデリック・ジェイムソン
大澤真幸

サリンジャーは「笑い男」や「キャッチャーインザライ」の作者なので、まあ外部記憶装置はなくてもわかりますわな。フレデリック・ジェイムソンは私は「言語の牢獄」の筆者として知ってましたからやっぱり一応誰だかはわかる。大澤真幸センセの著作は一冊も最後まで読み通してないけど(←笑?)何冊か持ってるし、やっぱり誰だかはわかる。なぜ引用されるのかも想像がつく。

そんで「外部記憶装置がないとわからんかったであろう」と思えるのはドワノとジガ・ベルトフ。この二人のこのフレーズをなぜ持って来たのか...はよくわからんかったのですよ。単純にもともと知ってて、それを適切に引用しただけなのか?それにしては嵌りすぎだなあ...とか。

別にここで押井守監督をクサす必要はないけど、彼の引用のダメさ&不適切さ、と比較するとあまりの違いに目眩がするほどなんですよね。

で、最初に戻るわけですが、ボヤヤンと読んでたヴィリリオの邦訳に気になる箇所があったわけですよ。
[ 2005/08/10 10:55 ] アニメ・コミック | TB(0) | コメント(-)

iTMS 試聴連続再生 

iTMSって全曲試聴できるんだね!スゲー。これはスゴイよ。音楽ファイルのダウンロード販売開始ってことよりこっちの方が凄い気がするけど。

ええと、能書きたれる前にとりあえず、試聴連続再生のためのツールを御紹介。と・う・ぜ・ん!MacOSX版のみでやんす。Win用はあるのか知らん。

ダウンロードはこちら。iTunes Music Store Player 0.1(by: Philipp Ringli) というヤツです。applescriptなのかな。実体は。よくわからんけど。

使い方は...付属ファイルを読んで貰えば良いわけだけど、まあ、アレですよ、ダブルクリックするとiTunesを同時に起動するので、あとはなんらかの仕方で曲リストを表示するとそれを頭っから連続再生していく...という仕様みたいです。

で、これはパワーサーチ(←使えねーという評判ですけど)と組み合わせると色々なことができる。


[ 2005/08/08 14:07 ] 音楽 | TB(0) | コメント(-)

「はてな」キーワード「テクスト」の衝撃 

「はてな」キーワードでテクストを調べると・・・

→テキスト

(´ω`)エライ素っ気ないね。

テキストに飛ぶと・・・

text
テクストとも。
1. 教科書。テキストブック。
2. 書物の本文。原本
3. コンピュータ関連だと、文字のみのファイル/データのこと。対義語としてバイナリファイル/データ。

(´ω`)オラいなかもんだからよう...「はてな=人文系」説とか微妙に信じてたよ。ゴメンよ。知らなかったナリ。実体はこんなもんなんだなあ。

絡んだりして悪いことしたなあ。「はてな」のヒトは「テクスト」知らんのが普通なのか。キーワードが機能しないとすると、どっかから定義持ってこないとダメか。今更「テクスト」の定義ってなあ。昭和じゃないんだし。
[ 2005/08/05 23:05 ] ウェブログ・ココログ関連 | TB(0) | コメント(-)

力いっぱい釣られてみるかな 

凡例

★青色の文字はこのエントリからの引用。オリーブ色の文字はこのエントリからの引用。

★「ばるぼら」という平仮名のハンドルは表記しにくいため以下blogdexJPと表記する。多数言及するため「氏」は省略する。

★「>」記号は、それが付随する引用が対話的言及の対象となることを示す。

以下http://mohican.g.hatena.ne.jp/amiyoshida/20050803/1123071170の言説について対話的に言及する。

asiato

[ 2005/08/04 06:07 ] ウェブログ・ココログ関連 | TB(1) | コメント(-)

歴史家とはどんなヒトか 

kurage


色々考えたのですが、結局マジレス気味に返答することにしました。id:amiyoshidaさんのここからのTBに対してなんですけど。

ええとまずid:amiyoshidaさんの主張は基本的に

だー誤解だ!

というものなのですが、そうかなあ。別に誤解はしていないと思うのですけど。意見の相違があるだけで。
[ 2005/08/03 20:01 ] ウェブログ・ココログ関連 | TB(1) | コメント(-)

オタカル戦争(予定)に備えて 

今月8日本格開戦予定の「オタカル大戦(笑)」(←ユリイカ別冊「オタクVSサブカル」に起因するであろう大戦争)に備えて、現時点で気になった発言とかをクリップしておこうかなと思ったりしちゃったり。

ええと、すでに前哨戦は各地で目撃されている模様です(←id:bmp氏の本番前から場外乱闘など)。

で、この前哨戦というか場外乱闘会場でのid:amiyoshida氏のこの発言が気になります。

# amiyoshida 『まあ、あの二人に何か言えるようなチャレンジャーもいなさそうだけど。歴史からもみ消されそう。』 (2005/08/01 09:33)

このエントリのコメント欄なんですけどね。「あの二人」はid:kanose氏とばるぼら氏だと思われます。なんだかオタクとかサブカルとかいうのの歴史を司っているのは彼ら二人であらせられる!と言ってるみたい。あと彼ら二人に対して何も言わないヒトはビビリであるとかヘタレであるとか言ってるようにも見える。

なのでこの発言は(彼ら二人への)攻撃を誘発しているように感じられるのですけど、どうなんでしょう。

っていうかid:amiyoshidaさんはちょっとナーバスになってるっぽい気がします。「脊髄反射してしまう心理について考えてみる」というエントリで自身に対する脊髄反射的コメントを揶揄しているわけですが、御本人の反応の仕方もかなり脊髄反射的になってきてます。大丈夫ですかね。まだ先は長いのに。
[ 2005/08/01 18:14 ] ウェブログ・ココログ関連 | TB(1) | コメント(-)
プロフィール

犬桑主監

Author:犬桑主監
正式略称は「犬桑news」です。
気軽に呼んでください。

ブログ検索
総合案内

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。