そんなnewsは犬も喰わない

犬も喰わないnewsの数々に斜め横からアレコレ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

藤子F不二雄 

コンビニでちょっと前まで21エモンが売られていましたが、読んだ方はいるのかしらん。藤子F不二雄さんは王道SFのヒトだったりします。今時の子どもは「スペースオペラ」なんてコトバは知らないのしょうねえ。そういえば何年か前にジャニーズのタレントが「日本人なのにSFやるんですよ、変でしょう?」みたいなことを記者会見で言ってたな。なんて映画か忘れたけど日本映画でSFモノをやるということで彼らが出演するらしかった。しかし「日本人が出てくるSFは変」という感覚には驚いた。

スタートレックのディープスペース9で司令官のヒトがパラレルワールドだかなんだかに行ってしまって、んでそこは20世紀初頭のアメリカで、彼は(もとの世界の記憶はなくして)小説家になっていたりする話があった。で、司令官はもともと黒人なんだけどもその世界でも黒人で、SF小説の主人公を黒人にした・・・ってことで「はあ?ありえねーだろ」という出版社とかの圧力で出版出来なくなって云々。黒人が宇宙にいくのはおかしいなどということのなくなる世界がやがてくるはずだー!とか叫んだところで元の世界に戻るとかいうのをやっていた。で、ジャニタレの脳内ではこのレベルに日本人はいるわけだ。なんだかな。

それというのもSFを今の子どもとかが全く読まなくなっているからだね。で、SFっていうのはあれですよ、途中の説明をはぶくと実際には科学的に正しいかどうかはあんまり関係ないんですよね。それよりも大切なのは「よい子礼賛」ってことで。

「21エモン」の最後では自前の宇宙船で宇宙の果てまで行くわけだけど、そこで宇宙船が「宇宙の墓場」に捉えられてしまって、イモ掘りロボットのゴンスケ・宇宙生物モンガーと一緒に遭難するわけですよ。

で、小学生(!)の21エモン君は一旦絶望しながらも「考えてみればきみたちをこんなさいなんにまきこんだのもぼくの責任だったんだ」(←小学生だからほとんど平仮名。でも「考える」と「責任」は漢字なわけだ。エライ。サスガ。)と言って色々対策を考えるけどもそれもすべてダメになる。それでも何か方法があるはずだ!と言って更に必死で考えるわけですよ。モンガーに「あのあきらめのわるいとこが人間のえらさというかバカさというか」とか言われながら。

で、彼は巨大イモでロケットを作ってなんとか宇宙空間には脱出するわけです。でもそこまででイモも燃え尽きる。そのとき宇宙空間に投げ出されながら言うセリフが「パパ!ママ!ぼくはいっしょうけんめいやったよ!さようなら」である。立派だ!カッコイイ!こんな息子が欲しい!

まさに「よい子」なわけだ。ちなみに宇宙船のことをロケットと呼んでいたり宇宙空間でイモが燃えたりと科学考証で突っ込むところは山ほどあるけど藤子F不二雄さんがわかっていなかったとは考えにくい。彼はジェイムスン教授シリーズとかの挿し絵を描いていたりして(←いや待てよ?それと科学は関係ないのでは・・・)かなり詳しいヒトなはず。これはSF精神を明確に描くための(以下略)。

あと藤子つながりでいうと、子どものころ学研まんが秘密シリーズ以外のマンガが禁止されていた我が家でなぜかたまたま買ってもらえたマンガ本がありまして、それが私が入手した最初の普通のマンガ本だったわけです。で、それは「仙べえ」というヤツで。

んでさっきちょっとググってみたら・・・ 5万円!でもなんか相場みたいです、コレ。すげ。まだ残っていれば今頃・・・。ちなみに表紙でお金をばらまいているように見えるのは「葉っぱをお金に変える術」ですね。そういえば仙べえさんは葉っぱをお金に変えようとするのですがいつも失敗してたような。考えてみると世知辛い。っつーか友達の仙人がなんか造花作る内職とか封筒貼りとかやっていたような。

普通の価格で復刊されたら一冊持っておきたい気もするけどなあ。っていうかSFと関係ないし。あ、でもモヤ夫くんも別にそんなにダメな子でもなかったような記憶もあるようなないような・・・。(←今回は何の話がしたかったのやら)
スポンサーサイト
[ 2004/07/24 17:23 ] アニメ・コミック | TB(0) | CM(0)

タワーはダメだが 

菊池成孔の連載は面白い。bounce.comのヤツですけど。ストレートな罵倒はしてもイヤミは言えない私のような人間にはホント勉強になります。いやマジで。

でもまあ確かに一頃に比べてCDは売れてないんでしょうね。でもそんなこと言われてもなあ。CDがミリオン連発していたころだって私の聴くようなCDは全然売れてなかったし。一般的にCDが売れていても売れていなくても私の趣味趣向とは関係ないわけで。

ところが大量に売れなくなったせいで発狂した人々(←どうも根のところではSONYの暗躍っぽいのがマジで泣ける)のトチ狂った行いのせいでアオリをもろに食らうわけで。いやだなあ。そういえば佐野元春がSONY(←わざと表記)をやめてインディーズで出すことにしたCDはそれだけで値段が3000円から2300円になるようですな。

などと言っていたらタワーとかHMVは輸入CDを徐々に値上げの模様。例のクソ法案通ったら値下げするんじゃなかったのかよ。氏ね。

っていうかSONYはなんですかレーベルゲートとか言ってCCCDを売っているわけですがその規格すらコロコロ変えているようで。あのなあ、音楽聴くのにやたらめったら互換性の無い規格なんて出されたら所有する意味とか無くなるって気に購入者がなるって思わないのかな。なんかサイトに便所のクソのウジムシ以下の言い訳とか書いているみたいだけどさ。マジで氏ね。

で、bounceだけどいつまで続くかな。SONYはバカみたいに無意味な設備投資とかして無駄金つかっているようだけど、ラジ@(←子会社のAIIという会社がやっていた)は容赦なく潰したしね。金にならんとか言ってさ。頑張れタケモトD(←もと自衛隊)。

ホント我が家はそこら中SONY製品なので家にいるとSONYへのむかつきが際限なく沸いてくる。精神衛生上大変よろしくないので出かけるとするか・・・
[ 2004/07/18 08:40 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

私も本持ってます 

ボビー師匠!なにやってんすか!

あと全くこれとは関係ないのですが、某所で中国語訛りの英語で研究発表をするヒトに遭遇。すげー!超何いってんのかわかんねー(笑?)。簡単な例で言うと use がユウスウとか発音違う上に二音節になっているし。そのあとの英語ネイティブなヒトの早口の方がよっぽどよくわかったよ。なんだかなー。
[ 2004/07/17 05:29 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

天気も良いし楽しいことを書こうと思ったのに 

ソニーのアホ。いいかげんにしろよ、マジで。
[ 2004/07/16 05:58 ] Weblog | TB(1) | CM(0)

作家のプライバシーって 

あまりにも踏みにじられすぎのような気がする。なにも エロ手紙とか競売にかけなくてもねえ。ひどいな。

っていうか、よく犯罪者なんかの生い立ち記事で小学校の文集で書いたものとかが曝されて「こんな文章を書いていたような人間だから云々」とかいうじゃないですか。あれは一種の犯罪抑止力にはなりますね。マジでイヤだもの、そんなことされたら。

でもですよ、立派な作家になって同じような目にあうのもね。山田詠美さんとかも別に犯罪を犯したわけでもないのに(夫の人は犯したようですが)ストーカー紛いの研究者にいいだけ曝されてましたからね。マジでコワイ。

そういえばノーベル賞の田中さんもプライバシーに関すること(実は養子だとか云々)をいいだけ書かれてましたよね。

で、マスコミに対して批判的な気持ちになったところで別件。

出口調査で3倍なんですけど、これって某掲示板で「出口調査は民主党で」ってヤツの影響じゃないのかなあ。だとしたらまんまと乗せられているというか、全然「民意」を把握できていないというか。

っていうか「民意」が把握できてれば今のようなマスコミにはなっていないよな。
[ 2004/07/13 02:20 ] 書籍・雑誌 | TB(0) | CM(2)

これはもう医学の領域では? 

過疎地の勝手ぶりにはウンザリ。不採算路線を無くそうというと「お年寄りたちの移動手段が無くなる」とかいう。クルマの運転が出来ないということなのだろうが、お年寄りは都市に移住して生活した方が良いだろうに。年金等々が収入源なんだとしたら移住しても問題ないだろう。バカかと。

などとイラつくことが多いのですが、ここでまたすごいニュースですよ。 東札幌市だってさ。隣接もしていないのに。隣接しててもどうかと思うけど。地方自治権なんて拡大したら本当に大変なことになるなあ。正気とは思えない。

医者はどこだ?
[ 2004/07/10 20:57 ] 経済・政治・国際 | TB(0) | CM(2)

なんかまた変わったようだなあ 

それでサーバ障害とか起こってたのか。このブログサービスは企業じゃなくて個人営業なんだよね?ブログサービス同士で妙な競争が起こっている雰囲気なので色々大変なんだろうなあ・・・とか思ったり。

それはさておき、札幌はこのところ雨続き。全然暑くはないんですけどね。ただうちの周りは雨が続くと歩道にゴルフボールくらいの大きさの蝸牛が多数這い回るので不気味でしょうがなかったりはします。特に夜がイヤ。昨日もチャリに乗った高校生(男子)が蝸牛を轢いてしまったらしく、女子高生のような悲鳴をあげていました。気持ちはわかる。君たちはそれでもチャリだから間接的で良いけど、おにいさんは自分の足で踏みつぶしかねないのでメッチャ神経つかったよ。

ま、久々のブログで蝸牛談義をしてもしかたがないので、小ネタを色々。

まずは・・・

仲間由紀恵って東京パフォーマンスドールだったの?

ってヤツ。「そんな(篠原凉子とかと同期な)わけねー!」と叫びましたが、意外なことに一応真実のようです。 第2期フロントメンバーだとか。っていうかオリジナルメンバーがやめてからこんなのやってたなんて知らなかった。まあ、実質活動してなかったようですけど。

あとは・・・

リーダーズの電子版ってさ、assumptionの訳語で「仮設」って書いているね!

ってヤツ。ま、常識的に言って「仮説」ですなあ。昔のも最近のもCDROMも電子辞書専用機も同じだなあ。ダメぽ。っていうか、これに限らないけど英和辞典の日本語部分って変な間違いが多いですよね。研究社の「英和活用大辞典」とかも前にちょこっと小テストの例文用につかっていたら、まあ、出るわ出るわ間違いだらけ。

そんであと最近気付いたのですけど外国語研究が専門の人って普通に漢字が読めなかったりしますね、私なんかが想像する以上に。ま、「等価交換」ってヤツですかな。

あとは・・・

キルビルの音楽ってRZAなんだね!

ゴーストドッグと同じだな。ウータンクランがカンフー映画とかをリスペクトしているからかな?っつーかそれ以外には考えられんか・・・。あとゴーゴー夕張のフィギュア(アメリカ製)を見掛けたときに「ひでえゴリラ顔に作っているなあ、東洋人への悪意を感じる!差別ニ(ry」と思っていたのですが、実際のイメージには近い出来だったことが映画をみてわかって苦笑しました。

うーん、それと・・・

森下千里ってチョロの愛人だったんだ!ショック!

・・・うらやま(ry
[ 2004/07/09 10:20 ] Weblog | TB(0) | CM(0)
プロフィール

犬桑主監

Author:犬桑主監
正式略称は「犬桑news」です。
気軽に呼んでください。

ブログ検索
総合案内

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。