そんなnewsは犬も喰わない

犬も喰わないnewsの数々に斜め横からアレコレ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

腹イテー、ゲラゲラ 

としか言いようがない。 あまりにもマヌケ である。ワタクシはMacな人なのでnyとは無縁ですけど。
スポンサーサイト
[ 2004/03/30 01:40 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

computer too slow? 

だとう!しくしくしく・・・その通りですゴメンナサイ。



あこがれの リッピングをやってみました。2時間強のデータをMPEG4化するのに12時間以上かかりましたけど、こういうものなのでしょうか。でもですね、出来たファイルを再生しても動画は途中で止まるわ音声と映像があわないわ・・・etc.



で、QuickTimeのせいにして VLCを使ったところこのメッセージが出てエラーですよ。やはり無理か。そうですよね、iChatAVが使えませんというスピードですからねえ・・・。私は文章書きが主用途なので古い計算機でも不自由は感じていませんでしたがやはり動画関係は駄目なようです。残念。
[ 2004/03/29 00:48 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

いまごろになって見たわけですが 

あれですよ、マトリックスの2作目。オープニングでトリニティのバイク登場のときの音楽とエンジン音が一瞬仮面ライダーを思い起こさせるものだったとこだけ良かった。後は褒めるところないなあ・・・。極端なことをいえば「見なければ良かった」とか「オレの記憶を消してくれ」ってレベルかも。



うーん、忘れていましたけど2作目で外すってのもまあないわけではないですからね。一作目が低調だったXメンとかは2作目全体の70パーセントぐらいは良い感じの出来になってましたけどね。今後に希望が残る感じ。スターウォーズのエピソード2で受けた衝撃に比べればマトリックス2はまだ良心的ではあると思うのですけどね。



なんというのでしょうかね、正しく手をかけたシナリオをいかにして用意するのか・・・ってのが大事なんじゃないのかなと思います。ポストモダンを経験しているわけだし。逆説的だけどそこで得た知見を「物語」の精度や完成度への貢献に使って悪いわけもないのだし。今更ねえ。今時はかえって破綻をどこまでも繕いまくった脚本の方が感動を呼ぶというか普通に良い脚本なんじゃないかと思ったりします。破綻するのは(作り手にとって)簡単な上に観客にとっては災難でしかないというのはもういやというほど臨床データもとれたのだろうし。
[ 2004/03/28 00:43 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

あの本は 

何だ?と思う。



攻殻機動隊SACの8巻あたりでタチコマが「器官なき身体が・・・」としゃべりながら持っていた緑色の本はなんなのか気になってしようがないです。AntiOedipusか?とも思うのですが、基本的にタチコマが読んでいたりトグサが読んでいたりするのは日本で出版されている翻訳本だったりするので、その流れからいくとあれもそうなのでしょう。



ドゥルーズですよね、普通に考えれば。ウガるとアルトーで、もっとウガった見方をすれば日本人とかがドゥルーズについて書いたものか・・・。装幀の感じからいくと翻訳本の可能性は高いしどこかで見た気もするけど・・・ああああ、気になる。



でもあれですね、白水社UブックスをCG化したのはあの作品が世界で初めてではないかしらん?っていうか、Uブックスが何かのドラマとか映画とかに出てきたことなんてないのでは?



是非頑張って次の作品ではチボー家の人々をモチーフに・・・
[ 2004/03/25 23:21 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

Zaha Hadid 

が札幌市中央区南9条西4丁目KITA CLUBの何かをデザインしたって話は私の勘違いかしらん?とフト思った。



っていうかKITA CLUBのどこか、一階っていうか地下一階っていうか、あのあたりが典型的なZaha Hadid風だったと思ったけど、もう何年も行っていないのでなんともいえない。



なんか彼女の公式バイオグラフィーからは削除されているけど、彼女の設計が初めて現実に形になったのはそれだ、という話をどこかで聞いた気がするけど、よくわからん。



プリッツカー賞をとったというのでちょっと見てみた。この賞はあれですね、沈みゆく関西空港のデザインで有名なレンゾ・ピアノとかも貰っているものみたいです。渡欧したおりに何故か「スウォッチ買ってきてや」と言われて大阪人のヒトにレンゾピアノデザインのヤツを買ってきてあげましたがなぜそれだったのかちっとも分かってないみたいでした。まあ、ねえ・・・。



で、この受賞関連のbiographyをみたら、おお!載ってますよ。MoonSoon Restaurant,Sapporo(1990)というやつですね。内装だけ、ってことかな?一応Londonでの仕事(1985)の方が前だし。でも最初期のものってことは確かですよね。



ホント、札幌もねえ、当時はねえ、ちゃんとこんなに最先端でスカしていたのにねえ、今ではYOSAKOIにコンサドーレに・・・うぎゃろらへrこsないへおまお(←落ち着け)
[ 2004/03/24 23:37 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

カードバス? 

そんなものがあるとは聞いてない。父親の古いノートにLANカード突っ込んでADSL接続してあげようと思いヨドバシに買い物に行って店員さんに教えて貰いました。そんな規格があったとは。TypeI,II,IIIは知っていましたけどね。



金色が特徴のようです。前にウチのLombardをUSB2.0対応にすると同時に古いThinkPadでもUSBが使えれば良いなあ、と思ってPCカードを買ってきたのですが刺さらなかったんですよね、ThinkPadには。箱書きにはどんなしょうもないノートでも平気みたいなことが書いてあったのに。



で、今よくみたら確かに書いてありますよ。「いずれもPC Card Standard(CardBus)準拠のPCカードスロット搭載機種に限ります」とかね。でもさ、PC Card Standard(但しCardBusに限る*1)とかしてさ、欄外に「*1 32bitデータ転送規格。古い機種は対応していない可能性があるので御確認ください。」とかって書いておくべきじゃねーの?



っつーか私が買ったUSB2.0カードはLogitec製なんですけど、上で引用したcoregaの説明だとPC Card Standard←→CardBusってことですよね。それをこんな風に書いたらねえ。どれ、Logitecのサポートに・・・(←やめなさいって:笑)
[ 2004/03/23 06:52 ] Weblog | TB(0) | CM(4)

ユーノスは世界イチィィィィィィ 

というニュースです。 ギネス記録を更新だとか。カローラとかホンダのアレみたいなものですかね。



まあ、なんといっても目出度い(?)。ただしワタクシ個人は98年以降のアレを我がユーノスと同じクルマとは思ってませんけどね。密かにニセユーノスと呼んでいるし(←この余計な一言がこのblogを読む人を鬱にするからやめなさいって・・・)。
[ 2004/03/22 03:05 ] Weblog | TB(0) | CM(2)

いかりや長介・・・ 

しょぼーん。ほんと今年の春はなかなか雪が無くならないし、なんともいえなく淋しいことばかり起きる。



そんな中、江角マキコは乾いた笑いをもたらしてくれましたが。はあ、あのCMをやっておいて 年金未納数十年ですか。やはり体育会系は・・・(以下自粛)。まあでもこれは関係当局が酷すぎるってことですよね。あのCMに年金から4億円使っているそうですけど。



ああ、こういうツマランことだけ書いていてもしかたがないので良い(?)話も。



MacOSXでTeXを使いたいと思っていたのですが、どうやったら良いのか今ひとつわかっていませんでした。で、OS9では一応.dviファイルを作ってから.psにして、理由はよくわからないのですがMac用Acrobatでは日本語で文字化けが起きるのでわざわざRealPCを使ってWin用AcrobatでPDF化してました。



文字化けの件はやはりリュウミンライトがラテン文字系フォントに誤変換されるせいだったみたいです(←不正確かも)が、それをどう直して良いのかわかりませんでした。



OSX環境ではもうエライ方々が簡単に必要な環境を整えられるパッケージを作ってくださっているようです。奥村春彦さんの「美文書作成入門」の第三版が出たようで、この本自身も噂によると表紙以外はすべてOSX環境&TeXで作成されたそうです。



私は第二版は持っていることもあり、なかなか良いと言われても(そしてOSXで使う場合の情報がある&CDROM付きであっても)貧乏のため購入に踏み切れませんでした。



で、立ち読みをして「TeXShop」という言葉だけを覚えて帰宅後、これをネット検索して必要情報をたぐることが出来ました。テスト用に使ったサンプルファイルの名前が日本語だったためにエラーが出て戸惑いましたがそれ以外はおどろくほど簡単に事が運びました。エライ人達アリガトウ!



ま、まだOSX環境でちゃんと論文書いたわけではないのでどのような不具合が出てくるのか予断を許さない感じもあるのですけどね。でも・・・



母さん、僕のあのpLaTeX

どうしたでせうね

ええ、.pkgからインスコして

HDDへ落としたあのpLaTeX本体ですよ



という気持ちもあったりします。TeXShopで制御しているから問題はないのでしょうけども。
[ 2004/03/21 00:15 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

でゅーん! 

といえばムラカミショージの持ちネタの一つですね。



んで、何を思ったか超久しぶりにデビットリンチの過去恥部映画「DUNE」を見ました。1984年の映画なので20年前のものですね。いやあ、さすがにこれだけ昔のものだと記憶もほとんど残っていなくて新鮮でした。



なんといっても最大のオドロキはパトリックスチュワートが出ていたことです。スタートレックのピカード艦長の人ですね。Xメンのエグゼビア教授もやってます。



20年前なのに今と全然変わっていない。やはり禿で目が小さい(笑)。ちゃんと最後まで生き残る役だったんですけど、ピカード艦長を見たときに以前にも見ていたとは全く思わなかったなあ。いや、それだけなんですけどね。



でもひどい映画だった・・・。スティングとか何のために出ていたのかわからんし。でも宣伝にはおもいっきり使われていたなあ。ショーンヤングはこの当時好きな女優だったし結構アタリ役もあったのに頭がおかしくなってストーカーとかになったらしいですよね。



なんかウィノナ・ライダーとかも同じ感じでウケていたのにオカシクなっていくというか・・・なんでですかね。まあ、世間一般の人気というところを除いて私の趣味の話をすると、なんかこう、私が「いいな」と思う女性は脳というか精神の働きが正常ではない人が多いようです。パッとみてあからさまにオカシイというタイプではなくて、なんか妙に惹かれるなあ・・・と思って様子を探るかしばらく経つとキ印であることが判明するというか。



ま、女性を見る目はかなり不確かなことは確実・・・って何の話だ?
[ 2004/03/20 01:57 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

マンコ・カパックにあやまれ 

と言いたい。弱いヤツほど虐殺者になる。



あ~びっくりするほど腰抜けですね。スペイン人は。そういえばイタリア以上に自分たちがファシスト政権だったこともウヤムヤにしていたしな。 テロにびびって政権交代かよ。オメデテーナ。



今後Hispanicどもを見掛けたら容赦なく蹴りいれるんでヨロシク。オマエ達が臆病者のヘタレなせいでテロリストが調子に乗るからこっちの危険も増えるんだよ。害虫どもめ。・・・っつーこといってもあれですよ。スペインに行って地図を買うとわかるのですが、「スペイン」って国は無いよね。ポルトガルとスペインという分類じゃなくてナントカ国とかが寄り集まっていてポルトガルなんかもその一つにしか見えないし。



ま、でもどーでもいーか。とにかくHispanicは見つけたら蹴り上げるよ、サッカーボールの様に。ヤツラはサッカー好きだから喜ぶでしょ。ヘタレホモマゾゴミカス・・・(以下略)っつーか自衛隊さんにも迷惑かけているらしいな。勝手に撤退しやがって。
[ 2004/03/18 01:46 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

またコーノヨーヘーかっ! 

と思った。



高橋落選の話ですけどね。ありえないわー。こういうありえない「コーヘー」さみたいなのを主張するヤツラっていますよね。それで選手もその分野も潰してしまうというか。選手に限らないけどもさ。選考というのにはつきまとうものですけど。



なんというかこれも一種の利権というか業界内部で波風立てないためのアレコレとかそういうものですよね。スポーツの分野では「体育会系」と呼ばれるある種の知的障害をかかえた人々の常識が通用する異常な空間ですからそれが激しく浮き彫りにされてしまうわけで。ほんと嫌なニュースだ。
[ 2004/03/16 17:43 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

もうMacはMacじゃなくなっていたのか 

ほんとクソだ。



実家のiMacにPantherをインストールしようとしてfirmwareがどーたらで起動しなくなった。馬鹿げてる。firmwareだって?何かハードスイッチで初期化(出荷時の通りに)できるようにしておけばいいじゃんか。馬鹿じゃないの?



明日(っていうか今日だ)は猛烈に忙しいけどアップルのサポートの人間がこの世に生まれてきたことを後悔するほど罵倒してやる。なんだかんだで元通りに戻してもらえなくても、泣き寝入りだけは嫌だ。「ロジックボードの交換しかないですねえ5万円です」って猿がようやく覚えたクリシエみたいなのを口にされたらもう、オレは何をするかわからんぞ、マジで。



だけど、こんなヒドイものをあんな風にたくさん売っていたんだよな。信じられん。ググったりディスカッションボードを覗いて本当に衝撃を受けたよ。なんでこんな状況をメーカは放置しているんだ?



追記:これを書いているのは3月16日。iMacの回復に成功しました。昨日今日と忙しくて結局アップルには罵倒電話をかけていません。ネットで見た情報と自分自身でもっている経験と知恵と装備でなんとかしましたが「はじめてのパソコン」がiMacだった初心者とかにはまずもって無理でしょう。でも逆に言えばそういったものがあれば(それなりの装備があってどうすれば良いのかにさえ気付けば)割と簡単に直せたりします。それなのにロジックボードの交換を要求したりするのは詐欺と言って良いでしょう。直ったから良いということにはならんな。祖母の49日&ホワイトデーを鬱な気持ちで過ごさなくてはいけなかったし。オトシマエはつけてもらおう。
[ 2004/03/15 03:53 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

札幌は雨 

ようやく、ほんとうにようやく冬が終わりそうな感じ。まだまだ油断はできませんが。それにしても今年の春は死の気配があまりに充満しているというか・・・。そこら中を死神が徘徊しているみたいで不気味です。何か良いことはないかなあ。ところで・・・



あきれたことですよね、例の犯人の仮出所。

ずいぶん騒がれていますけど。なんかねえ。

まあ、この件について色々意見が違うのは

しょうがないとは私も思うんですけどもね。

んー、でもなんていうのかなあ、どうにも

いまいちシックリこないというか、なんか

ちがうなあって感じなんですよ。司法のや

ろうとしていることがなんかこう今ひとつ

うまく人々に伝わらない。困ったものです。



みんな結局当惑しているんですよね、事件があったときも今でも。
[ 2004/03/11 05:58 ] Weblog | TB(0) | CM(2)

ダットサンだから脱兎? 

昨日100円ショップグッズが必要でファクトリーに行ったんです。あそこには日産のショールームなんかもあって、よく日産の古いクルマなんかを展示してます。今は相当古いダットサンなんかを置いている。



で、ジャグァだとジャガーがあるあたり、メルセデスだとあの星があるあたりでロールスだと天使だかスピリットオブエクスタシーだかなんとかがあるあたりをよくみるとウサギが・・・。もろリアルなのもあるのですが記号的なのもあるって感じで苦悩と照れが見えます。ダットは三人の人の頭文字からDATなはずですが、なぜウサギかといえば



DAT→ダット→脱兎→ジャンプするウサギ



ってダジャレ(?)ですよね。しかもアメリカ人には理解不能の。昔の人は豪快なムチャをするなあ。
[ 2004/03/09 18:12 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

正しくない人々 

カラスに感染だと。数日前にも一瞬読売で記事が出たものの消えていましたがついに全面的に報道ですな。もうだめぽ。



大分でも山口でも人間としてあたりまえの行動をしてくれたおかげで蔓延が食い止められましたが、やはりこういう問題で致命的なことを起こすのはあのへんの人間でしたね。牛肉のときでもう彼らがあんななのはわかっていたのに。悪い奴らにはぼてくりこかさないと駄目でしょう。



もうああいう人たちのせいで、無責任で自分勝手で愚かな彼らのせいで、どれだけ多くの人たちが傷ついて苦しんでいるとおもっているんだろう。



もう容赦するな!
[ 2004/03/07 18:40 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

小ネタ 

開き直りについて。



なんか最近多いですよね。インフルエンザに感染したトリを出荷しても開き直るとかさ。なんかアメリカの刑事ドラマに出てくる犯人みたいに最後まで反省しないというか開き直って逆ギレというか、そういう事件が目に付くなあ。



この事件はまあ、アメリカの会社だしそういうものかもしれないけど。でもみんな「ただの水なのに」という思いは抱きつつ買っているのだしね。これだけはやってはいかんことだったと思うのですがどうですか。



あと全く上の話とは関係ありませんが、 電話の話。MacOSXでiChatとかあるじゃないですか。音声チャットとかいうのが可能なソフトとか。ただアレをやるとき問題になるのが音声を「聞く&話す」デバイスなんですよね。スピーカーから音を出してしまうとマイクがそれを拾うのでハウリング起こすし。だから結局「イヤホン&マイク」になるわけですよ。で、これが結構やりにくくてなんともあか抜けない感じです。



タカラのIP糸電話っていうのは電話機型デバイスを繋げるってところが秀逸なアイディアだと思うんですよね。「聞く&話す」に関しては電話の受話器って完成されたデバイスな分けだし。ただ記事を読んだ限りでは結局ポイントがずれてしまっているようです。あと新規格が普及するまでダメだろうし。価格設定とかもこれだとダメだろうなあ。



私がもっと地に足をつけつつ企画するなら、既存の電話機の受話器を接続できて(モジュラー端子だから可能ですよね?)計算機の音声入力&出力プラグに繋げるための交換機みたいのを提唱するけどなあ。これだと安価で出来るのじゃなかろうか。使わなくなった固定電話の受話器を再利用できるというのでお得感もあるし。そんなフクザツな装置じゃないですよね。私はフリーカーとかじゃないのでよくわかりませんが。



モジュラー端子の音声やりとり線を入力と出力の2本のミニプラグに変換してやればいいだけで。あとこれに最適化したオマケ通信ソフトでもつければもうバリバリではないでしょうか?・・・ダメかな。でも私は欲しいですけどね。2000円くらいまでなら出すかな。
[ 2004/03/06 08:13 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

なんぼアホでも 

まさかな・・・と思っていた私が甘かったようで。



輸入CD規制を本気で始めるみたいですね。まさにクレイジー。そういえばこんな通知もあった模様。私は知らなかったですけど。 BGMもダメだそうで。



なんかみんな隠れて音楽を聴くようになるのでしょうか。禁酒法時代のアメリカみたいですね。正規にCDを購入してもそれを再生して聴いていると摘発されて法外なお金を請求されて裁判所もそれを認めるわけで。



これはもう本当にだめぽ・・・。
[ 2004/03/05 14:53 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

DVDってどうですか 

ねえ。私はそこそこ買ってますが。



極最近では「裸のランチ」と「イルポスティーノ」を買いました。ところがですね、この両者は出来があまりに違ってびっくりですよ。映画の出来じゃなくてDVDの出来ですけど。



「裸のランチ」の方は映像もまあ普通にキレイでオマケが充実。ビル爺さん本人の語りも良いし、監督とならんでの記者会見映像も良かった。ダイエットコーク飲んでたみたいだったし。主演女優がインタビューで「原作と脚本を読んで、監督が私の何をみてこのオファーをよこしたのかとかすかに怒りさえ覚えた」とか言っていたのもサイコーだったし。



ところがですよ、イルポスティーノはもう、パッケージについている紙切れのコピー文からして「?」ですよ。「若くして逝った名優の魂が永遠の名作を刻んだ」でしたっけね。詩をめぐるとても真摯で良い映画なのに。このコピー書いたヤツは狭い箱に詰め込んで30年くらい天地真理(←現在の天地真理ですよ)に密着される刑に処してやりたいですよ。マッシモさんは名優じゃないし、フィリップ・ノワレは若くないしな。バカかと。



そんで一番許せないのは映像に縦スジが入ることですよ。なんのつもりだろう?古さの演出?それともうちのPS2が例によっておかしいのかな?いずれにせよせっかくのきれいな景色の映像が台無しですよ。



あとね、オマケが全くない。史実とかは自分で調べれば良いけど(ダンテ以外でベアトリーチェの詩を書いた詩人:ダヌンツィオって黒シャツ党の人なのでネルーダが困った顔をしていたとかさ)、撮影に関するあれこれとかの映像とか制作者の声とかつけろよ!といいたい。



で、どこのかな?と思ったら悪名たかいブエナビスタですよ。赤い「千と千尋」を売ったり(しかも非を認めない)、最近も「マスターアンドコマンダー」とかいう映画でCMと本編が違う話になってたり(本編に無い映像まで入れているとか)、もうメチャクチャなところのようです。どっか別のところで出してくれないかなー。



っていうか日本版がダメって場合は多いですよね。ボラれているというか。
[ 2004/03/03 00:35 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

柱谷哲二が代表コーチに? 

というのは誰が考えたジョークですか。エイプリルフールは一ヶ月先だというのに。しかも全く笑えないし。J2(オレドサンコ札幌←ヤツがいたときは一応J1か・・・)でも大学(ヤツの母校国士舘大←国見「高校」に敗北)でも浦和のユースでも使い物にならなくて失業しそうになったら「日本代表」を道連れですか。そうですか。



うわあああああああああああん



ゴルゴ13に暗殺を頼むには幾ら要りますか?スイス銀行への振り込みはイーバンク銀行から出来ますか?問い合わせ先はさいとうたかをプロですか?(←落ち着け・・・)



追記・・・なんかこの件はさすがに 見送り らしいですね。あせらすなよ!



また、川淵会長が提案していた日本代表主将経験者のスタッフ入りは見送られる情勢となった。ジーコ監督が「今すぐにとは考えていない」と否定的な意向を示した。
[ 2004/03/02 00:11 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

変なもの見つけてしまったなあ 

なんとかquickiwikiで日本語が使えるようになったのでイロイロ実験してます。どっかで「\\263というのを\\xffにするといいよオススメ」と書いてあるのをみてはいたのですが、「どこにあるんですかそれ!」という状態でした。emacsでファイルを一つずつ読み込んでCsで捜しましたよ。んでedit.cgiにありました。書籍のWikiWayにも英語以外の文字を使う場合、とかいう記述はあってmark=\"\\263\"というのを含むコードが出ていたのでなんとかアタリを付けましたけど、ちょっと不親切じゃねーのかしら。いえね、親切なんてものは強要するものじゃないから文句はいいませんけど(←しっかり言ってるじゃねーか!)。



大体初めて「Wikiってなにかにゃあ・・・」と取り組む人に何の説明もしないで「リンクはWikiWord形式で」って言ってわかるのかよ、とも思う。ま、実際にやってみれば気付くけどさ。なんか、こういうところがね、普及を阻んでいる気がしたりしなかったり。



ウチんとこの研究科で去年導入したときもみんな手をださなかったようだしなあ。やっぱり漢字Talk世代には「もともとはスタックでした」って言うのが最高にキャッチーだと思うのですがどうですか。間違ってますかね。



間違いといえば・・・なんかWiki関係を漁っていて変なものを見つけました。その名も MorphyWiki とかいうものです。どうも MorphyOne とかいうものを巡る悲劇(喜劇?)の顛末にかかわるものだとか。なんかうっすら記憶の片隅に聞いた覚えもあったような・・・。



ま、Visorユーザーの私なんかには人ごとではないのですけどね。イロイロ変な人とかおかしい人とかいてイヤだなあ。
[ 2004/03/01 00:51 ] Weblog | TB(0) | CM(0)
プロフィール

犬桑主監

Author:犬桑主監
正式略称は「犬桑news」です。
気軽に呼んでください。

ブログ検索
総合案内

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。