そんなnewsは犬も喰わない

犬も喰わないnewsの数々に斜め横からアレコレ
月別アーカイブ  [ 2003年11月 ] 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久々に親孝行したわけだが 

なんかしらんけどサファリからここに書き込むとアホほど文字入力が遅い。そういうわけで続きはOS9から。



======ここからOS9 で書き込み=========

親孝行ってほどでも無いのですが、実家のiMac(弟から買い取って親に無償貸与)でADSL接続できるように設定して、色々簡単にネットにつなげるようにして来たのです。親にもよく説明して。いいことしたなーと思って私は自分の部屋に帰ったわけです。



ところがですね、やっぱりなんというか、全く人の話は聞いていないわ、わからなくなるとメチャクチャに色々なところを押したり引いたり(←引いたり・・・はしないな)して、もうどうしたらこうなるのだ?という感じで大混乱になったようで、混乱の極みで混乱して電話してくるわけですよ。親(=母親)のことですが。



どうも父に「できるわけない」とバカにされていたのが気に入らなかったらしく、自力でとにかくやってみるようにという息子の指示にも従ってチャレンジしたようなのです。自分一人で。でもね、とにかく自分でやってみる・・・という時には当然の前提として「考えながらのトライ&エラー」というのがあるわけでして、めったやたらに目についたところを取りあえず全部押せ!などとは言っていないわけですよ、こちらは。



ボタンが3つくらいの単純な装置ならいざしらず、計算機を「ムチャクチャに手当たり次第」という方法でいじっても確率論的にもどうにもなるわけがないわけでして。なんであの世代はこうかなあ・・・などと思ったのでした。不思議。



というかマニュアル読むのも下手だし、こういうフクザツなものの使用法を習得するのもダメだよなあ・・・と思って気付きました。単にワタクシがマニュアル世代なんですね。情報へのアクセスの仕方がこういうものを扱うのに適したカタチになっているわけで。親の世代ではそういう方法ではない方が向いていたんでしょうな。生きていく上では。



妙に「学校システム」みたいなもので勉強したがるし。自分でマニュアルを辞書的に使って習得ってことができないみたいです。このあたりカルスタ的に何かあるかもしれませんな。・・・などと好い加減なフリだけして、今日のところはオシマイ。明日忙しいからなあ。



追記:(親のところは)フレッツに加入したわけだけど、モデムに付属してきた接続ソフトのCDROMがヒドイシロモノで、iMacはそれを読み込んでゲボゲボ言って認識しなかったりしてまあ大変!でした。私が持っていた古いバージョンのCDROMからインストールして事なきを得ましたが、ホント何やっているんだろう。あと、どうせ素人だからしょうがないのかもしれないけど、サポート係の(おそらく)ババアがしつこく24Mとかのプランを勧めるのでイラネ!と強く言ったら「8Mは不安定なんです」とかメチャクチャなことを言い出したりして、まあ、もう、なんというか言ってもしかたがないけど。わかっていないヤツがどうしてサポート係をやっているんだろう。要するにコストの問題なんだろうな。いっそのこと人工無能にでも対応させれば良いのに。っつーか企業倫理的にはどうなの?
スポンサーサイト
[ 2003/11/30 21:20 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

ユビキタスTRONに出会う・・・センスがねえ 

さて、 TRONSHOW2004 である。なぜか障害のある人がどうのこうの・・・というのを割と昔からしつこく言っているが、いかがなものか。



そうそう、札幌市では「障害のある人」ではなく「障がいのある人」と呼びます、とか言ってます。「害」には良くない意味があるから平仮名で書きますとか言ってさ。ほんと、自分のふるさとがバカによるバカのための政治の舞台になるのは本当に頭に来ます。っつーか、その論法で言ったら「障」だって良くない意味の漢字だろ?バカじゃねーの(←内蔵HDDの蓋を開けそうになったバカに言われてれば世話無いよな)。



ま、良いのですけど。どうなんですかね、超漢字って今バージョンはどのくらいなんだろう。世界中に存在するすべての文字を収録・・・とかって言っていて変体仮名文字が各仮名に対して1文字しか収録されていなかったこととか、文字と語の関係とか異体字なのかフォントの違いなのかとか、そういう基準もあやふやなままのあまりに無謀な企画でしたがどうなっているんだろう。うちにある超漢字2もねえ、キーがねえ、UNIXのターミナルとして使うとトロン独自の間抜けな(←敢えて断言)ショートカットキーとぶつかってしまって使えないとか色々あったからなあ。



前に学研の辞書を作っている人と話したときに超漢字の話題を振ったら驚愕していたなあ。そんなものを使っている人間を初めてみた、とか言って。でもその人の言っていた「Palmはダメです」という預言は当たってしまったなあ。でもまあ、WindowsCEもダメだからこっちの負けではない(?)。
[ 2003/11/29 21:57 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

サファリから書き込み 

ええい、毒を喰らわば皿まで・・・ということでパンサーです。サファリです。インストールは大変でした。

これからLombardにパンサーを入れる人はちゃんとディスカッションボードを読みましょう。



そういうわけで、iBlogに移るかもしれませんので、ここは近日中に閉鎖するかもしないかも。
[ 2003/11/28 22:38 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

やはり欠陥品なのはワタクシの方でした(汗) 

はじさらし はぢ‥【恥×曝し】

((名ナノ))恥を広く世間にさらけ出すこと。そういう人。

           (岩波国語辞典第五版より)



くぇぇぇぇえええええええっ(←羞恥と慚愧の叫び)

まりもん最高!くまちん素敵!Do夢のMacは世界一ィィィィィィィ!

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめなんさい(以下3時間20分謝罪を続けたあとで)私がアホだったことが判明しました。



トルクスドライバー様は完品でございました。全くおかしなところはございまっせん。ここ数日大騒ぎしていたトルクスの問題はですね、HDD本体の螺子をこじ開けようとしていたためだと判明。そういえば以前も同じようなことをしようとして、そのときは自力で1分ほどで間違いに気付いていたような薄い記憶を今更呼び起こしました。うううう・・・。



さて、それでは週刊アスキーのトホホ会にこのネタを投稿することにしようか・・・(トホホ)
[ 2003/11/27 22:47 ] Weblog | TB(0) | CM(2)

トルクスドライバーが欠陥品ってさあ 

どういうことよ!頭にきたぜ!



今日もわざわざDo夢に行ってきましたよ。トルクスドライバー(T8)を入手しにさ。おかしいなあ、オレがもっているのそれだよなあ、とか思いながら。



そしたら、案の定「それしか昔からうちでは扱ってませんよ(藁」と言われたわけだよ店員に。そうだよなあ、ここでは3種類(一番大きいのはPM8100のベゼルっつーかフロントのところに使ったし、あとの短いの2本がまあ、なんつーかPB用なわけだよ。んで、一番短いというか小さいのがT8なわけだ)しか扱ってないよねえ、Macはそれで十分なんだよねえ・・・。なんだろう、ワタクシの勘違いだったのですねハズカシイ(てへへ・・・)、などと思って帰ってきて再チャレンジしてみたら・・・やっぱり穴に入らネーヨ!っつーことは何か、不良品か!このクソ忙しいときに手の込んだイヤガラセやってくれるじゃないかよ。フザケンナ!ヌッコロス!



あ、ちなみにG4カードを売っているところはエライ方に教えていただきましたが49500円ナリでしたので買えません(号泣)。っつーか明日Do夢のヤツどうしてくれようか・・・。なにがくまちんだ!まりもんだ!くぇぇぇえええええええっ!(←魂の叫び&憤怒の慟哭)



追記:怒りのあまり一日一件の規則を破ってしまっていた・・・。あとトルクスをトルクと書いたり。ちなみにPB用はT8とT6というものらしい。冷静に考えればまたDo夢に行ったって欠陥トルクスドライバー(←全部というわけではないだろうが)を売っているわけだしな。まともなのを売っているところを捜すか・・・。
[ 2003/11/26 23:04 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

開腹手術に失敗したわけだが 

決死の覚悟でした。研究も押し迫った昨今、主力機であるLombardの非力さがツトに目立って参りまして、時期的に今より後ではどうにもならんと決意しまして、生活費を削って(涙)メモリとHDDを購入して参りました(要するにG4カードは諦めたわけだ)。



計算機の開腹手術は久しぶりでしたので大緊張。ええと、HDDを白いプラスチックのペラを引っ張って、んで、ケーブルを外してっと・・・ヨシヨシ。あとはこの螺子をトルクスドライバーで・・・あれ?PB用として昔買って持っていたトルクス(計3本)が合わない?へっ?あうううう・・・。



というわけでメモリだけ増設しました。とりあえず、今の状態で出来ることをするか・・・しくしく。あ、でもいつも思うことですが、ありがたいですよね こういうページ を作ってくださる方々は。世に出回るハウツー本で役に立つのはほとんど見たことがないですけどね、こういう関係のは。ホント、この世界は特に素人>銭とってるヤツなわけで。どーなっているのやら。
[ 2003/11/26 01:02 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

陽が落ちるの早すぎ 

この時期はしようがないのではありますが、それにしても恐ろしい勢いで日が短くなっています。3時半頃にはもうかなり暗い。夕方5時などといったら真っ暗ですよ。こんなことになって嬉しいのは北電と吸血鬼ぐらいのものだな。まったく。



やるきデネー。ロクなニュースもないしなあ。っつーか世間もかなり世知辛くなっている気がする今日この頃。そんななか一部の層はバブルの頃のノリのままだから叩かれるのだろうなあ。
[ 2003/11/25 16:56 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

タイヤ交換メンドクセー 

ほんと、面倒。ウチの前が平らだったら何の問題もないのだが。
[ 2003/11/23 22:27 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

なぜLombardのG4カードは売ってないのだ? 

いや、軽く考えてた。まさかこれだけどこでも売っていないとは。



アキバ館よくしらん店ここもしらん店イケショップ聞いたことない店わるいがしらん店・・・ここまでの店では購入は完全に不可能らしい。んで、このどこやねんな店では購入予約は受け付けているみたいなのだが、価格がどうなるのかも皆目わからん。49700円なのだろうか。30000円ちょっとあたりで売って欲しいのだが。円高なんだし。



そもそもsonnetでは作っていないようだ。これから作るのかな?どうなんだろう。何か陰謀でも渦巻いているのだろうか。sonnetでそろそろ出そうだからpowerlogixは撤退したのか?それなら良いのだが・・・。



っつーか、アレだね、スリープから復帰できないとかいう不具合があるので撤収されたのだろうか。うーむ。っつーか、どーでもいいけどもうちょっとちゃんとしろよな。この手の店とか業界は。



ヤツアタリなわけだけど、また三井住友銀行でシステムトラブルとかやりやがったろう。バカかと。それからアップルの店が銀座にできたって?これはもうアル○イダに通報するしかないな。日本法人のアフォを直接物理的に○せるわけで・・・。あーでも、このG4カードに向けたイカリはどこに発散すれば良いのだろう・・・。 あと矢田アキコが昔は田中美奈子みたいな顔をしていたなんてショックだわわわ。
[ 2003/11/22 21:31 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

ソーナンスは「がまんポケモン」だったのか・・・ 

いや、変な話なんだけど。「がまんポケモン」ってただ我慢するポケモンなんだろうか。やったことないからわからんなあ。



ええと、この話とは関係ないけどがんばれエルニーニョさん!という気持ちです。所謂三陸沖に発生しているエルニーニョの影響なのか、今年は札幌もまだ雪も積もらず良い感じです。ただ、さっきも変な強風が吹いていたし、なんか不穏な感じがしないわけでもないなあ。



PBG3コードネームLombardをG4化するカードの話を今頃知って調べてみたらもう売ってないというではないですか。はわわわわわ。Do夢札幌店も行きにくくなったしなあ。アキバあたりの店で通販やっているとこでも捜すか・・・。
[ 2003/11/21 22:27 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

朝か深夜未明に更新しないと 

更新できなくなっちまうなあ。冬は不測の事態も多いし。



目下スクリプトの調整と追い込み中。分散を求めるための式に誤りがあって、ちゃんとΣっぽくなっていなかったことが判明。おかしいと思ったんだよなあ。LNRE(very Large Number of Rare Events)ゾーンで予測できる分布と余りに違うから変だと思ったのだよ。んで、式を直したら対象tokenが激しく減少したので、MacPerlでも小さいサンプルではオッケーでした。



んで、ちょっと大きめにチャレンジしたら・・・Out of memory! ぐわああああ。っつーか、おかしくないか?ここでエラーとして出てくるmemoryっていったいどこのメモリだよ。余裕あるよ!うがー。しょうがない、最後の手段のUNIXでやる前にcygwinでなんとかならんかなあ。うーむ。



などと、自分の研究話を書いても誰もおもしろくないと思うので、他の話題もいれましょうか。



昨日、夜に佐川急便が来まして・・・なぜ?と思ったら「なつかしの・・・」シリーズ用バインダーでした。あまりハガキで応募しておいたのですが、まさか当たるとは思わなかった。こんなことで運をつかってもなあ。いや、波にのってきたと前向きに考えよう・・・。



追記:機械と人間の意見が食い違った場合には大抵人間の方が間違っている・・・というのは天地宇宙万物を貫く真理のうちの一つである、ということはよくわかっていたつもりなのだが。っていうのは何の話かといいますと、Out of memoryはやはりその通りだったみたいで。Win98環境のcygwinで作業させてもswapメモリというかHDD領域まで喰ってもまだOut of memoryだといってくるので「あまりにも変だ」と気付きました。スクリプトに間違いがあって、参照した文字列をどんどん重複してメモリに読み込んでいたのですね(汗)。そりゃあ、メモリもなくなるという話ですよ。



で、そこ関連を手直ししたときに、無駄に使っていた配列も一つ消すことができてスクリプトが若干軽くなったっぽいです。今これを書いている裏で作業させてますがどうなることやら・・・(それにしても切羽詰まってくると畳みかけるようにミスを連発する自分に慣れているとはいえ萎えまくりです)。
[ 2003/11/20 03:39 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

Out of memory! 

渋谷あたりでウロつく躾のされていないガキでもあるまいに。Out of memory! っちゅうことはあれか、「ムリ!」ってことか。この程度の計算で・・・このドクサレがあああ!(←脳内イメージではラクダに激しく膝蹴り&パンチ)。



今回使ったサンプルなんて500種類のtokenを組み合わせて、1800種類の文字列とマッチするかどうかをそれぞれカウントするような楽な仕事じゃないかよう。この程度で「ムリ!」とか言われたらこの研究はたちいかないんだよう(←激しく泣き言)。っつーかでも細かいのをたくさん、というのは人間と同じで計算機もニガテなような気はするな。



・・・などと言っていてもしょうがないのでPerlスクリプトの改良に励むとするか・・・。ぬう、でもPerlを具象化したイメージがラクダであるのは、うむう、ウマイというかニクイというか、複雑だなあ。
[ 2003/11/19 16:22 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

込んでるなあ 

込んでいて書きにくい。

さっき札幌ではベタ雪が降ってきた。ハラタツ。

郵便受けにアップルから.Macの特典が来た。



Contents | Value

1 CDROMS | $1.00



ってどういうことだモラァ!1ドルだとう!フザケンナ!



追記:最初4~6週間かかる、という表記をみて「ああ、4~6日間の誤植だな」と思ってました。そういうことはよくあるので。ところがマジで6週間以上かかりました。発送元はアメリカ。そうか、船便だったのか。そりゃあねえ・・・。というか、日本支社はいったい何をしているのか?ショウモナイクソタレント使って催しやってユーザーを萎えさせて、自分はタレントと結婚したりする馬鹿ミーハー社長のもと誰も仕事をしていないと見た。っつーかあの日本版キーボード考案した奴は素手で地雷除去やるボランティアに参加しろや!XBOX売ってたやつらは全員クビになったわけだし、使えない連中はもとから絶たなきゃダメだよなあ。一度潰してかまわないんじゃないかしらん。
[ 2003/11/16 23:11 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

自由の方が大切だろう!と吠えてみるワンワン 

寒い。眠い。



言っていることはもっともだが この意見 は非常に気に入らない。



それには出来るだけ制約が多いほうが良い。制約というと語弊があるかもしれないが、誰が書いてもほぼ似たようなプログラムになるものほど、メンテナンスが楽になるのだと思う。



誰が書いても同じになるようなプログラムが実現するのは誰が書いても同じ機能でしょうね。予め用意された何かしか求めない人々、っていうのを想定している。「1984」みたいな社会を理想だと思っている人間は思った以上に多いということかな。
[ 2003/11/15 22:05 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

ドラゴンとか 

ドラゴンっているじゃないですか。近隣の某国の爪が5本あると皇帝の象徴とかいうアレとかアチョーというアノカタではなくて、欧州のヤツ。太古の種族で竜語を使うとか、すげえ頭が良いけど狡猾でいぢわるだとかいうアレですよ。んでワタクシは微妙なドラゴン好きだったりします。



ちなみにドラゴンは鼻から火を噴くのは御存知?それからドラゴンとか竜に似たもので(そうでもないか?)火トカゲ(サラマンダー)っつーのがいますが、こいつは火を噴くのではなくて火を食べるからこう呼ばれるって知ってました?ま、どうでも良いのですが。



「MacPerl入門」(アスキー出版局,1999)という本の表紙は魔術師が竜の背に乗って異次元(?)から飛んでくる絵ですし、裏表紙は魔術師が複数の大小の竜を従えている絵だったりします。スクリプトを書くというのはなんですかね、竜語を使って竜(=計算機)を操るようなものだ・・・ということでしょうか。ちゃんと正確に使わないとまるでいぢわるでもしているかのように動いてくれないところも似てたりします。



ってことは本物(?)の竜もそんなにいぢわるというわけではないのでしょう。あ、でも映画とか最近ハヤリのヌルファンタジーとかの竜は妙に物わかりの良い(=感情的?)バカ竜で竜らしさがなくて好きではないなあ・・・。



ちなみにこの本には色々な文学作品からの引用が散りばめられていて、そこのところも面白いのですが、なんと一番最後に引用されているのは(日本版では)北村太郎さん訳のアリスだったりするわけで、妙な縁を感じたものです・・・。



「どこから始めましょうか、王さま?」

「初めから始めるのさ」と王がおごそかにいった。「どんどん読んでいってだな、終わりがきたら終えるんだ」(ルイス・キャロル「ふしぎの国のアリス」)


[ 2003/11/14 12:27 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

valuesでsortはできたっけ?(←さっさと試せよ!) 

っつーか大体出来た。uniqc的動作をするperlスクリプト。あとは数の多い順にソートできればO.K.っぽい。スピード的にも問題なし。



んでも問題なのはアレですね、このスクリプトが出来ても単にMacPerlでuniqc的なことができます、ってだけだということで。今やっている研究そのものに直結する成果ではないわけで。今現在MacOS9でMacPerl使っている人って全世界に何人くらいいるんだろう・・・。



っていうか、ラリー・ウォールさんがインタビューに答えて最近日本語を勉強している、と言っていたのがある意味怖かったりする今日この頃。Perlって日本人しか使っていないというウワサもチラホラ。どーなんですかねえ。
[ 2003/11/13 22:46 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

uniq -c のかわりはできんのか 

どあほう(←人間余裕が無くなってくると品もなくなるわけで・・・)。shellコマンドなら悪くて数秒で済むことがなぜ出来ないのだオマエは。オマエだよExcelとかいう「使えそうかな?」と見えてちっとも役に立たないオマエのことだボケ。集計機能で集計できなきゃ何でするんだよアホウ。



UNIXで作業すると改行コードだのシフトJISがどーたらEUCがどーたら(しかもUNIX系ならみんなこう、とか決まってなくてもうしっちゃかめっちゃか)で作業している人間もスクリプトも混乱するのでなるべくMacで・・・ああ、そうかい、世間はパンサーとかいっちゃってshellコマンドも使い放題かい。すみませんねえ、貧乏人の苦しみなんか書いちゃって(←先述のごとく人間余裕が・・・)。今時OS9なんかで作業している私がみんな悪いのでございますよ。うわああああああん。



perlで uniq c の代わりをするスクリプトでも作るしかないなあ。なんか誰かが作ったのがもうありそうなんだけどなあ。動作だけならマネできるけどスピードがなあ。きいいいいいいい(←最近はこんなのばっかりだなあ)。
[ 2003/11/12 12:19 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

え?自然対数しかないの? 

やばい。マジでやばい。この期に及んでそれはないでしょう(←泣き言)。Perlには常用対数用の関数がないのですか!log関数は自然対数専用だものなあ。ヤバイ・・・あわわわわわ。文系と理系の隙間みたいな研究をしているとこういう目にあうのね・・・しくしくしく。



追記:さっき作業していて気付きました。最初にここに記事を書いたとき「常用対数(底が10)」と「自然対数(底がe)」を逆に書いていました。んで今真っ赤な顔をしながら修正したのですが、そういえば誰からもツッコミがなかったなあ・・・と思いましたとさ。ふんがほんが。
[ 2003/11/11 15:40 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

LDPって呼ばれてるんだね 

選挙が終わったわけだが、なんだね、これは!!



An estimated 40% of voters were undecided and turn out at the polling booth was low not helped by grey skies and light rain.



なんかしらんけど BBC は割と書いているんだよね、今回の選挙については。世界に恥さらしてんじゃねーぞ、モルァ!選挙に行かなかった有権者(意識不明の重体、人命救助中、イラク派遣待機中(?)などなどの方を除く)はいますぐクビ吊ってシネ!っつーか出てけ!国から!



っつー話とは別に、イギリスといえばブレアが「マニフェスト」なるものを掲げた、とかいう話になっていてそれが今回騒いでいるソレの元ネタってことになってますよね。で、もしかしたらすぐ消されてしまうかもしれませんが・・・選挙直後で コレ だもんなあ。 二大政党制の芽を摘む気かよ!余計な「233議席を・・・」発言とか言うし。

だ ま ら せ ろ!



追記:マジで切れる。このblogシステムは近いうちに脱退するかもしれません。「投稿」するときの不具合とかで記事が消えたり、すげえ時間かかったり、いくらタダでもストレスかかるのはねえ。リンク先とか消されるとまた捜してくるの面倒なんだよね。タグも消えているし。「はてな」とかに移籍か?
[ 2003/11/10 03:11 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

腰が痛い 

朝、雪が二三片舞うのを見た。寒い。腰が痛い。
[ 2003/11/09 21:34 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

明日は選挙なわけだが 

ええと、私はノンポリなヒトなので政治の話はつとめてさける方針を貫いています。ですが、政治的以外の方面から政治的な問題にツッコミを入れることはシバシバあります。それでもこのblogで触れることはないよな・・・と思って我慢していたのですが、もう限界です。釣られてしまいました。



だってねえ この記事 を見て黙っていられますか?ここのところずーっとそうですよ。彼は。



 この発言を聞いた民主党の菅代表が、7日の千葉・柏市での記者会見で猛反撃。「官僚に振り付けしてもらわないと活動できない閣僚をモーニング娘。かモーニング息子かわからないが、並べているのはどちらの内閣なのか」「モーニング娘。が、むんくによってコントロールされているのと同様、官僚にすべて振り付けをしてもらう内閣を歴代つくり続けたのは自民党」と、つんくを「むんく」と言い間違えながら反論した。



うまいこと言っているつもりなんですよね。11/5の朝日新聞夕刊に「三谷幸喜のありふれた生活182」が掲載されているのですが、そこで三谷もツッコミを入れています。



その点(=面白いことを言おうとする意志があること)はとても好感が持てるのだが、その「面白いと思った」ことが、実はそんなに面白くないのが、今後の彼の課題かもしれない。



っていうか直らないだろうなあ、きっと。アベ幹事長誕生のときも「今度の内閣はタカ派毒まんじゅう内閣だ!」ってしつこく言っていたけど、別にこれを言われて自民党が凹んだりするとも思えないしなあ、「タカ派」というのも最近はかえって選挙にプラスになったりするし。空気が読めないというか・・・。



でもねえ、今回のでもっとも悪いのは、気の利いたことを言える能力で



モリ元総理 > カンナオト(源太郎の父)



という恐ろしい事実すら明らかになってしまったということですよ。オザワ氏も自説の「神輿は軽いほど・・・」を考え直すんじゃないですかね。たとえば「神輿は軽くて重心ズレてないのじゃないとダメ」とか。
[ 2003/11/08 17:00 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

ものもらい 

右目に出来た。一昨日気付いた。膨らみそうで膨らまないようなそうでもないような。もともと奥二重だから腫れを吸収できる余裕が瞼にあるということか。っつーか一重のヒトってこういうときどうなんだろう?



というよりも暗くて寒い。昔ソ連で実験して失敗した光反射衛星を札幌市の予算で買い取れないだろうか。すごく良いアイディアだと思うのだが。24時間ずーっと衛星で太陽光を札幌市に照射できれば雪も溶けるかもしれないし、夜でも明るいし、サイコーではないですか。除雪費や暖房費よりも安上がりのような気もするし。あ、でもソレ関係の利権の人達が反対するのかも。除雪用スコップ業者とかさ。



っていうか、スキー場業者がだまっちゃいないか。それならせめてウチの周囲半径10m分だけでも・・・
[ 2003/11/07 23:10 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

ねまわし 

っつーか、自分で色々動かないと不利に扱われるから気をつけないと、と忠告をうける今日このごろ。あー確かにねまわしとかニガテだからなあ、と思いました(←なんか私事をぼやかして書いているところがblogっぽいぞ!)。
[ 2003/11/06 22:44 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

わかりにくいわ 

といいたい。



ADSLだとかインターネットプロバイダーとか色々。なんで考えないかね、記入するヒトにとってのわかりやすさ、みたいなものを。なんかね、あれですよ、よく役所関係の書類で見るタイプだね。ひどい。なんというか、類推とかが効き難いし、全体を通して一貫されている方針みたいなものがない。バカかと。アホかと。



ユーザインタフェイスの問題だね。なんかこのサーバが込んでいるのか調子悪そうなので、こっちもおそるおそる書いていて、んで、リンクとか貼りませんけどね、BSD陣営がなんでうちらは普及しないのか?とか言っているのですが、そりゃあね、面倒ですもの。



なんかなあ、旧帝国陸軍とかがさ、兵站を無視してボロクソだったのを思い出すよ(←何歳だよ!)。海軍だってそうだよね。アメリコと戦争する前にもう輸送船が沈没させられて兵站がダメダメになるのでいつまでしかもたないとか予測できていたみたいだしね、しかもそれが当たっていたわけで。輸送船の沈没数という変数で戦争可能期間がわかっていたのだね、カシコイ。でも無視されたわけだ、そういうマトモな意見は。



ま、インタフェイスとは関係ないか。でもさ、ゼロ戦はフライバイワイヤを世界で最初に導入した戦闘機だったので、操縦性がよくて強かったって話も聞くしね。インタフェイスはオマケじゃないんだよな。もっとも力を入れるべきところだったりするわけだよ。



んで、さらに話は飛ぶのだが「計算機で採点までさせられないかな?」と英語の授業に関して聞かれるわけだが、はっきりいって私でも簡単にそういうスクリプトは書けるのですよ。でもね、それを私以外の人間が間違いなく使うためにはやはりかなりの時間をかけて試行錯誤しないとダメだと思うのですよ。そんで、そこに時間がかかることを諸関係者に説明するのにもまた時間がかかるので、曖昧な笑いを浮かべるしかないわけで・・・「できますよ、しかし・・・モゴモゴ」。
[ 2003/11/05 22:12 ] Weblog | TB(0) | CM(2)

土偶の話 

どうでもいいことだが「気になる」ということはあります。たとえば映画「未来世紀ブラジル」でロバート・デニーロが演じているヒーローの職業が「配管工」であるのはマリオブラザーズと関係あるのか?とかそういうことです。で、どうなんですかね。



んで、その手の疑問の中に私の場合 遮光土偶 ってどうよ?というのがあります。 こんな感じ でまあ確かに目のところがエスキモーというかイヌイットというか(なんかどっちの呼称が侮蔑的とかそうでもないとか諸説あるので困る)の人達の遮光器と似たものが付いているように見えるからそう呼ぶというのはまあ、一見妥当には思えるのでしょう。



んで、このカタチからさらに妄想した人々が これは宇宙服だ とか言い出すわけです。バカかと。



胎児の頭と妊婦の身体・・・つまり多産のシンボルだろ?



としか思えないのですがどうですか。目があんなになっているのは「遮光器」じゃなくて 胎児の顔の表象 ってことじゃないの?胎児というか生まれたての赤ちゃんってことだけどさ。目とかまさにあんなじゃんか。昔の日本がそんなに陽射しが強かったわけでもないだろうに。誰もそうは言わないですよね?それとも誰かは言っているのかなあ。



ナスカの地上絵は星座を地上に写したもんじゃねーの?っというのも私の疑問としてはあるのですが(だから実際に見えるか見えないかとかはカンケーネーでしょーっつーか絵は必ず見られるためのものだ、という考えは無教養だと思うなあ)、これは誰か言っている人を発見した気がするが誰だったのかよくわからん。なんか詩人のランボーの娘を自称しているヒトだったような・・・
[ 2003/11/04 16:29 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

まるでそびえたつくそのようだ 

と思った。昨日あたりからの某国での事件。



こういうとき(ここのところ多いなあ)は私は このヒト のことを考えて心を静めるのである。このヒトはすごい、マジですごい。去年「あ~またフジが腐れたドキュメントやってんな~ださいタイトルで。宣伝うぜー」と思って無視していたのに、たまたま中盤くらいから見てしまったのです。



その後はテレビの前に正座して号泣ですわ。エライ人は度肝を抜くほどエライのよね~某国は。でも某国で偉業をなしとげた人は歴史を紐解くとそびえたつくそのようなひとたちに殺されたり迫害されたりしているよね、いつも。ま、いいけど。



あ、でも確かドキュメンタリーの最後でこの人は日本に帰化したって言っていたような・・・(←ダメじゃん某国:笑)
[ 2003/11/03 02:05 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

トヨタとF1 

なんかダメダメな感じで参戦していたトヨタが やっちまった らしいです。事実なら本当に日本の恥だし、今までホンダとかがやってきた業績にも泥を塗ったことになります。あと、ルマンとかで頑張ってきたマツダとかそういうところの人達にも恥をかかせることになる。



というか下手したら日本人全体のイメージ悪化すらありえます。なんつーかなー、「くわーっ、ぺっ!」としか言いようがありませんけど。



モータースポーツ界ではF1ではトヨタは絶対に勝てない、というのは定説だったと思います。理由はトヨタが「70点主義」だからのようです。70点主義というのは「確実性を重視して100点を狙わず70点くらいのところを狙って結果を出す」みたいな感じと言えば良いのでしょうか。リスクを犯さないで確実なことだけやって勝つ戦法ともいえるかもしれません。ま、「愛知」的といえばいえるかもしれない考え方ですね。で、量産車の販売だとかF1以外のレースカテゴリーではこれは十分通用する戦法なわけです。



ただ、F1ではそれは通用しない。なぜなら、F1で使われるマシンは「現在の工業水準では存在しないはずの能力を持つもの」だからです。ま、程度の軽いオーパーツみたいなものなわけです。で、そんな存在しないはずのものがなぜ現実に走っているのかといえばそれは「2時間ちょい」という時間だけ存在できるという制限つきだからなわけです。それしか保たない、保たなくて良いという条件で存在するのですね。



で、70点主義のトヨタにはそれは何万年たっても作れないわけですよ。だって100点以上を出すものを作らなくてはいけないのですからね。そんな発想はないわけで。で、確実性を求めて(報道が事実なら)ドロボーカンニングですか。は~・・・<自主規制>!マジで!
[ 2003/11/02 15:40 ] Weblog | TB(0) | CM(0)

猫の話なども 

文学者には猫好きが多いですね。詩人の北村太郎さんなんかもそうだし、T.S.エリオットも劇団四季で有名な(?)「キャッツ」の原作者ですしね。



今後、このblogでも触れる機会はあると思いますが、「闇の左手」「ゲド戦記」などで有名なアーシュラ・K・グウィンも「空飛び猫」シリーズなんかを書いています。これは村上春樹訳で文庫にもなってますね。



たぶん猫好きな人というのは月並みな話ですが、あの「何考えているかわからん」というところが好きなんでしょうなあ。私はそこがニガテなわけですが。あと、やわらかい髪のことを「ねこっ毛」などといいますが、猫の毛って固く感じませんか?細すぎて逆にトゲトゲしているというか、形状記憶力が強くてかわいげがないというか。ボクは犬の毛の方が好きだなっ!(←だから?:笑)



しかし、猫は猫でも「ウィスキーキャット」は別。「何考えているかわからん」度は割と低いから。



ヌース、おまえ、あの大ねずみと組み打ちしてやられて死んだきれいな雌ねこのことを思い出すか?あれは本当のスコットランド魂をもっていた。覚えているか、ヌース?わしら、あのねすみを退治したな、うん?あれを見てもわかるが、わしら正直な人間とおまえたち正直なねこが仲よくすれば、すばらしいことをしでかせるんだ



とかいう「ザ・ウイスキーキャット」(C.W.ニコル)にウルウルしてしまうわけですが、ここでジムじいさんに話しかけられている老猫のヌースの方はこんなこと言っているのですが・・・



「プッシー」と名のついた新しい子も、わしと一緒に遊んでみたいと言うかもしらん。ニャーオ、ウッツフッフッ!年はとっても、男の楽しみに終わりはないよ!



あああ!やっぱり猫は信用できん!(笑)
[ 2003/11/01 16:20 ] Weblog | TB(0) | CM(0)
プロフィール

犬桑主監

Author:犬桑主監
正式略称は「犬桑news」です。
気軽に呼んでください。

ブログ検索
総合案内

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。