そんなnewsは犬も喰わない

犬も喰わないnewsの数々に斜め横からアレコレ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウルトラセブンのアノ話 

【あらまし】 今じゃフツーにウルトラセブンの第12話とか見られるようでビックリ。平成ウルトラセブンを観た感想及びNHKドラマ「私が愛したウルトラセブン」について等々。
【キーワード】 [ウルトラセブン][実相寺アングル]
スポンサーサイト
[ 2006/12/11 00:21 ] 映画・テレビ | TB(2) | コメント(-)

ナンシー関さんが彫刻刀? 

消しゴム版画を作るときに使っていたのはカッターだったような。

ええと、ソイツの存在を知ると漏れなく

(#^ω^)ビキビキ

になることで有名な「ナンシー小関(自称)」騒動で秀逸なネタ&ソフトを提供してくださっている方にツッコムのは気が引けるのですけど、どうしても気になるので言及&TBしておきます...と思ったらTBできない(汗)。
[ 2006/07/07 00:00 ] 映画・テレビ | TB(0) | コメント(-)

IG-88の人気に嫉妬 

IG-88ってアレです、スターウォーズ「帝国の逆襲」に出て来た賞金稼ぎのロボットです。ボバフェットみたいに活躍したわけじゃなくて、その他大勢の一体。

うちにあるビデオだと大体1時間15分くらいのところ[1]で出てきます。ベイダー卿が賞金稼ぎを集めてきたんだってよー、なにやってんだー...みたいに帝国軍の連中が言っているシーンの遠景みたいなのでちょっと左端の方に写ってますが、ウチのビデオではピンボケです。

トカゲ頭に宇宙服のヤツとかはその他大勢とはいえアップになったりもするんですけどIG-88はそんなことありまへん。このシーンの最後らへんで、ボバが As you wish...って言っている横に写っているはずなんですけど、ビデオでは4:3でしたっけ?古いテレビのアレなもんで見切れちゃってて全く写ってません。

要するにSW全作品を通じて2秒くらいしか写ってないんですよ。見た目というか雰囲気がロボット三等兵[2]っぽいし。弱そうでダメそうで。壊れてボロなっているのを色々補修して今はこんな姿です...みたいな感じに思ってたんですけど...ググってビックリですよ!!

[ 2006/01/22 21:30 ] 映画・テレビ | TB(0) | コメント(-)

半井さんのキメ顔 

半井さんというのはNHK7時のニュースに出ている気象予報士さんなんですけどね。半井桃水じゃなくて。

ちなみにググるとこんなイラストが...。


[ 2005/12/10 22:38 ] 映画・テレビ | TB(0) | コメント(-)

大泉洋さんネタ 

あの、サルのタイツ姿でデビュー(←たぶん)したヒトがこんなに凄くなって...。落ち目だったパフィーと絡んだりしてアレかと思ってたらパフィーも米国で超人気だし。あとはピエール瀧さえ活躍すれば...。

プリンストンガ!プリンストンガ!

あー、たまには無意味なことも書いてみないとな。となとな。いつもかもしらんけど。

で、「水曜どうでしょう」ですよ。「水曜どうでしょう祭」が大盛況だったそうで。ま、知らんのですけどね。行ったわけじゃないから。

14日から3日間、札幌真駒内競技場でファン交流イベント「水曜どうでしょう祭」を開催中。道外客を中心に、3日間延べ約4万人の人出を見込んでいる。その余波で札幌市内のホテルは期間中ほぼ満室。航空機の新千歳空港到着便も午前中を中心にほぼ満席状態。

4万人の人出が見込まれる余波で市内のホテルがほぼ満室っておかしくね?雪祭りとかDQN祭り(←6月頃やってるやつね)とかあるけどアレは野宿とかしてんのか?2月に札幌で野宿したら超人じゃないかぎり100%あの世行きだよ。ま、いーけどさ。いーのかよ!

[ 2005/10/17 02:06 ] 映画・テレビ | TB(0) | コメント(-)

銀河ヒッチハイクガイドについて思い出話 

・・・を書く予定(←またコレかっ!)。

映画「銀河ヒッチハイクガイド」が9月10日からロードショー公開だとか。公式ページはこちら(←音が鳴ります!注意!)。

ええと、今絶版なのかもしれませんけど小説版「銀河ヒッチハイクガイド」シリーズのファンでした(告白!)。人に勧めて受け入れられたことはありませんが。なのでちょっとワクテカ。

とはいえ、忘れてましたわ。鬱病ロボットのマーヴィンとか。まあ、彼は良く忘れられてましたけど。作品内でも。っつーか彼は鬱病というよりは自虐ロボットなんですけどね。で、どんな強敵(?)でも自分の人生観を語ることで倒してしまう、まあある意味宇宙最強のロボットだったりしますけど。懐かしいなあ(笑)。

変なネタは山盛りだったからなあ。不可能性ドライブとか。レストラン型コンピュータとかもあったような。で、そのあたりの(やや)詳しい話なんかを、以下に書いて行く予定なんですけど、ちょっと準備が...。

(以下9月5日に追記)
[ 2005/09/02 23:22 ] 映画・テレビ | TB(0) | コメント(-)

スターウォーズのゲームシナリオっぽさ 

ゲームといってもなんつーのか昔からあるようなアクションというかシューティングというかそういう感じなんだけど。っつーかスターウォーズとかをマジメに論じてメッセージとかについて考えたり語ったりするのってなんかアレじゃね?と思ったりする。

ええと、エピソード2を見たときに如実に思った(←遅い?)。特になんだろうね、あのドロイド製作工場かなんかにパドメとアナキンが侵入してドタバタやってるあたりとか。激萎えしたんですけど。フザケンナ!ナメテンノカ!セキニンシャデテコイ!とか思った。たとえそれがツタヤで棚整理のために200円で叩き売られていたビデオで見たシーンであっても、ってことですが。

ジャンゴ親子とオビワンの小惑星帯みたいなところでのバトルもそうだし、闘技場みたいなところでの変な怪獣と戯れるあたりもそう。なんかそんなシーンのツギハギだった気がする。

っつーかあの映画でまともに演技してた役者ってユアンマクレガーだけだったし。CGと違和感ないくらい他の人間の役者はみんなダイコンだったなあ。むしろマクレガーが過剰な演技だったというか人間くささが出ていて浮いてしまっていた感もある。でも彼が悪いんじゃないよなー。

っつーか演技やシナリオのレベルが低すぎて、基本的に全部コントというかパロディというかなんかそんな雰囲気だった。で、アレをなんつーのか、制作者の意図を読む・・・みたいな感じでアメリカのアレがコレでどーの・・・とか語るのってどうかなーとか激しく思った。むしろああいう感じの凡そハリウッド映画としてもどうかと思うような出来の映画でミエミエの反体制的メッセージがミエミエに語られているバカっぽさ、っつーかそういう状況を俯瞰して何か言うなら可能だと思うけどねえ、と言いたい。っつーか言いたかった。

ジャンゴの頭を拾うボバのシーンとかに感動っつーか心揺さぶられるとかいう人はきっとエピソード1でのオカーチャンとアナキンの別れのシーンとかでも安っぽい涙流したりしてんだろうなー、きっと。

で、エピソード3ですか・・・。

[ 2005/06/27 04:46 ] 映画・テレビ | TB(1) | コメント(-)

今年は何年だっけ? 

ナンネンじゃなくてナニドシってことね。昨年祖母が亡くなって年賀状書かなかったこともあって全然わからん。でもわからなくても問題ないようだ。

中国で今年が何年かなんてかんけーねー!
今年がイヤー・オブ・ザ・ホースだっ!

だそうな。映画イヤー・オブ・ザ・ホースのネタなんですけどね。誰だか忘れたけど、マネージャーとかなんとか演奏者じゃないけど重要なメンバーだったヒトが亡くなるときにニール・ヤング&クレイジーホースに言い残したんだってさ。来年もその次もずっとだ!ってことなんだろうね。

なんつーか、ひでー映画だったけどね。実際の話。でもスゲーとも思った。おかげで次に連続で見たコーヒー&シガレッツはものすごく親切で優しくて可愛くて気が利いてて飽きさせない超優良映画に見えたよ(←ホントだよ!マジオススメ)。


[ 2005/05/19 22:56 ] 映画・テレビ | TB(0) | コメント(-)

ハル・ハートリー 

bookoflifeかなり書いた時点で記事が消えたのでなんつーのか脱力しながら書き直してます(←ちゃんとしろよ!)。なんだろう、FireFoxって変なところで固まったりしませんか?なんかこうやり場のない怒りでウチフルエますわ。

ええと、左の画像はハル・ハートリーの映画 The Book of Life (1998)に出て来た「命の書The Book of Life」です。まあPowerBookなんですけど。カラー&MacOS&トラックボール&Duoっぽい薄さ、という機種で今ひとつなんだかわかりませんわ。666番のロッカーに入っているところとかダサ&チープに大仰なネタを扱うところがアレかな、と。

あと画面は基本的にずーっと傾いてました。露出過多&スローシャッター(←同じことか?)だったし。なんかデジタルビデオで撮ったらしいのですけど、なんかなー。

すげーインディーズっぽいというか思いつきだけでグダグダ撮ってグダグダなオチにしておきました、って感じくさい。ここを見るとどうやら評価がかなり低い作品だったようです。ま、当たり前か。

そうそう、で、見てたらなんか「バナナチップスラブ」(1991)を思い出した。


[ 2005/04/24 18:59 ] 映画・テレビ | TB(0) | コメント(-)

映画「紅いコーリャン」ってどんな話だったっけ? 

と思った。なんか原作者が来道するとか。莫言さんとおっしゃるそうです。あの映画に原作者がいるとは知らなかった。


[ 2004/12/18 18:32 ] 映画・テレビ | TB(0) | コメント(-)
プロフィール

犬桑主監

Author:犬桑主監
正式略称は「犬桑news」です。
気軽に呼んでください。

ブログ検索
総合案内

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。